清水康子
清水康子 シャンソン 歌手
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」TOPへ 清水康子シャンソン活動TOPページ
清水康子・プロフィール 清水康子「ひとつ」の会:会則 清水康子「ひとつ」の会主催
小児がん征圧運動関連ページ
「天使の泉」とは 第一回を開催・・ 生きる小児がん征圧・イベント 天使の森・天使の泉 収益金寄付
 毎日新聞社:あるがままに普通に ●チラシ1999年より〜少し紹介  新聞   2010報道
2010年7月31日第一回RED NOSE DEY に向けて・2010.JAPAN奇聞屋(No,1)赤鼻の日運動)病気の子供さん達の為に
◆2010年RED NOSE DAY に向けて・・第1回「RED・N●SEチャリティー・ライブ終演後の写身記録(No.2)♪
清水康子「ひとつ」の会 主催の“生きる”小児がん征圧「天使の泉」運動は、2010年で15年目になりました。
●2010年4月25日宮城県第2回「天使の泉」in石巻市vol.39
★2010年4月30日天使の泉「大木康子さん トリビート」VOL..40
☆2010年5月27日「天使の泉」VOL.41高英男さんメモワール 2010年9月22日東北大学小児病棟をクラウン訪問
★2010年9月12日第1回Music tree Concert  “生きる”小児がん征圧「天使の泉」vol.42 
           会場:「江戸東京博物館 ホール 【時 間】 開場13:00〜 / 開演13:30〜

 2010年9月12日(◆終演
第1回Music tree Concert Acting for “生きる”小児がん征圧「天使の泉」vol.42
【会場】江戸東京博物館ホール(東京都墨田区

Studio pili aloha 、原 知規、杉本富美子、原 知規、清水康子前田はるみ、 くみあおい、椿井 亘、Yuka、 Studio pili aloha

 【会場】江戸東京博物館ホール  丁度、開催日は大相撲秋場所  会場が国技館のお隣なので
お相撲さんの姿も・・・・・。
ステージ出演者・ピリアロハさん
 開催前の関係者挨拶
 裏方としてず〜〜と支えて下さっている
清水康子「ひつつ」の会 幹事さん達
お世話になる
ミュージックツリー事務局スタッフ 
ご来場いただいたみなさまへ、  「命のアサガオ」の種とプログラムを配布
   小児がん征圧「天使の泉」IN墨田区・・・開催に、出演者・裏方関係者・会場にいらした方々、皆さんが
病気と闘っているお子様たちをの為、少しでもお役にたてばと思う気持ちでいっぱいでした。
 清水康子  
(「天使の泉」開催幹事)
 開催宣言・司会:夏ひろこ
 開催に当たって・・・
実行委員
 天使の泉について・・・
代表 清水康子
 「小児がんについて」
(財)がんの子供を守る会
 松波常雄 ピアノ  椿井 亘
YUKAさん
 スタジオ・ピリアロハ
 杉本冨美子音楽教室
石巻市より参加です。
 ピアニスト
松波常雄さん
 椿井 亘さん
(「天使の泉」開催幹事)
       清水康子
 このドレス:石井好子さん
のドレスでした。
 くみ あおい さん
2010年11月15日天国へ
最後のステージになりました
 タンゴ歌手前田はるみさん
この日も、素晴らしい
迫力ある歌を披露♪
 清水康子
このピンクのドレスも
石井好子さんドレスでした
   
自主的に募金箱を持って受付ロビーに立ってくださった、スタジオ・ピリアロハのキッズクラスのお嬢様方
おもいもかけないお子様たちの動きに、大人たちは、頭が下がる思いでした・・・。
募金をしてくださる方も、おもわず笑顔でした・・・♪
  
 
  
 
 フィナーレは、みなさまならんでご挨拶
     
 ロビーに展示された、高英男さん、大木康子さんのレコードや衣装をみなさまにご覧いただきました。

 世界一の電波塔「Tokyo Sky Tree(東京スカイツリー)」(高さが634m)が建築される墨田区で小児がん征圧「天使の泉」開催
可愛いお子様も hulaで出演、応援ありがとうございました。
第1回 Music tree Concert
Acting for
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」vol.42
                  (命名:渡 哲也)
前田はるみ
Tango
くみあおい
Latin
清水康
Chanson
椿井 亘
C
hanson
杉本富美子
ピアノ:原 知規
Yuka
Studio pili aloha
吉岡信雄 Rinda 松本芳之 丸山義明 平木宏和 松波常雄 夏ひろこ
ヴィジット・クルー ピアノ (司会)
◆おはなし「小児がんについて」・・・財団法人がんの子どもを守る会   武山ゆかり
世界一の高さを誇る「東京スカイツリー」(高さが634m)が、墨田区押上業平地区に2012年に完成します。地域はもとより、世界中から大いに期待注目を浴びております。地元墨田区では、こころの隅に「ふるさとすみだ」を合言葉に、更なる発展と期待に、正にこころ一つにして待ち望んでいるところです。この企画は、そのような地域の皆様と一緒になって、音楽を楽しみながら間近に迫った大きな「東京スカイツリーと、皆さんの夢を膨らましたいと思って開催したいと考えております。また、このコンサートにつきましては、シャンソン歌手である清水康子さんの「ひとつ」の会の、"生きる"小児がん征圧キャンペーン「天使の泉」の協力により、チャリティーコンサートとして開催させて頂きます。
                                    Music tree Concert実行委員会 代表
吉岡信雄
1996年からスタートした“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサートは、多くの方々のご理解・ご協力を頂き全国各地で様々な形で開催され、今年で15年目を迎えました。本年小児がん征圧「天使の泉」公演は、4月25日第2回in石巻市VOL39、4月30日東京〜大木康子さん トリビュート〜 VOL40、5月27日東京〜高英男さん
メモワール〜 VOL41、そして、墨田区を中心に活動をしている「ヴィジット・クルー」メンバーのご協力をいただいての公演VOL42となります。今回は、タンゴ、ラテン、シャンソン、ハワイアン、そして、エレキバンド「ヴィジットクルー」によるベンチャーズ、スプートニクス、シャドゥズ、GS等をお楽しみ頂きます。私達ができることは、ほんの少しかもしれませんが、病気のお子様たち、ご家族、医療の現場が少しでも良くなっていく事を願い開催させて頂きます。
                                  清水康子「ひとつ」の会 代表 清水康子(シャンソン歌手)
【趣旨・目的】病気と闘っているお子様たちのことを少しでもご理解いただき、医療へのご協力を呼びかけていくことを目的としています。※コンサートの募金は『小児がん征圧募金』へ寄付させていただきます。(小児がんの子どもたちの為に使われます。)
※ご来場の皆様に「命のアサガオ」の種プレゼント。「命の大切さを知ってください・・・。きっと、「いじめ」などなくなりますね。」平成5年、小学校に入学し、3ケ月ほど通っただけで入院し、「骨髄移植」が受けられないまま9月に白血病で天国に召された丹後光祐君の育てたアサガオです
2010年9月12日(日) 開場13:00/開演13:30
入場料:2500円 (全席自由・車椅子席有り)
会 場:江戸東京博物館ホール 東京都墨田区横綱1-4-1
         【アクセス】JR総武線両国駅西口より徒歩3分。都営大江戸線両国駅A4出口より徒歩1分。
主催: 清水康子「ひとつ」の会Music tree Concert実行委員会
後援: 厚生労働省墨田区毎日新聞社、日本シャンソン協会、日本シャンソン館(財)がんの子どもを守る会、
骨髄バンク命のアサガオにいがた
ソロプチミスト利根ぬまた、ロックハート城
※ホールロビーでは、小児がん征圧「天使の泉」に2008年まで協力してくださっていたシャンソン歌手、故・大木康子さんのシングル盤や、日本人初のシャンソン歌手、故・高英男さんのレコード盤・衣装・その他を展示予定です。
 企画製作:ジャネットミュージック
        &清水康子「ひとつ」の会
天使イラスト:けいこ。
チラシ表面     大きな画像へリンク    チラシ裏面
墨田区小児がん征圧2010年 清水康子チラシ 表 墨田区小児がん征圧2010年 清水康子チラシ 裏
 
9/12“生きる”小児がん征圧「天使の泉」vol.42  【会場】江戸博東京博物館ホール】
当日の裏方・運営・ご協力者名)
清水康子「ひとつ」の会 幹事: 奥田貞之、 池上知佐子、 宮田 修、 森井雅世、 名取一彦、  野辺修司、 仲沢景子
松山淑美、 ボランティア 久保島和子 有田耀子、  高橋初子、 佐々木孝子
   
墨田区メンバーボランティア:    



プログラム
《 第1部 》
司会:夏 ひろこ
ごあいさつ ・・・・・ Music tree Concert実行委員会 代表 吉岡信雄
ごあいさつ ・・・・・ 清水康子ひとつの会 代表 清水康子
小児がんについて ・・・・・ 財団法人がんの子どもを守る会 ソーシャルワーカー 武山ゆかり
Yuka&Studio pili aloha
          沢村 繁(キーボード)、ERIC 川島(ギター)、真田ユカ(ウクレレ.VO)
 1.KIPAHULU (キパフル)
・・・・・ 毛利一代、北原順子、君島久子、荒井久美、
能登みつ子、小林房子、田辺勇子
 2.PUAMANA (プアマナ) ・・・・・ 井口富子、横田美佐子、島田りつこ、南野裕子、江坂まや、
国分さくら、古橋ゆうな、島田ありさ、平尾もあ、南野ゆりね、
宝地戸のぞみ、宝地戸あいれ、原田ゆきの
 3.Kauanoeanuhea
   (カウアノエアヌヘア)
・・・・・ 金子美樹、安井聖津子、小林美穂、稲田早苗、田村由加利、
杉山郁、安中明子、熊崎博子、古川智子、田村真里、
野本眞佐子、矢崎悦子、水島郁子、山本圭子、栗原麻里
 4.Ka Wailele O Nu`uanu
   (カ・ヴァイレレ・オ・ヌウアヌ)
・・・・・ Yuka
杉本富美子音楽教室 ピアノ:原 知規
 1.元気に笑え  2.童神(わらびがみ) 3.空も海も風も・・・・・・・・・・・杉本富美子
シャンソン・ラテン・タンゴ ピアノ:松波常雄
 1.枯葉  2.足  3.孤独なんてない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水康子
※「足」は、小児がんと闘いながら、11年余りの短い人生を生き抜いた
  長崎県小値賀島の横山洋子さんの詩に野秋聖子さんが作曲。
 4.サンジャンの私の恋人  5.パパと踊ろうよ  6.SHE・・・・・・・・・・・椿井 亘
 7.コーヒールンバ  8.ベッサメムーチョ  9.カチート・・・・・・・・・・・・くみあおい
10.恋心  11.希望  12.ラ・クンパルシータ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前田はるみ
〜 休憩 〜
 第2部 》
ヴィジット・クルー
1.リードギター :丸山義明(マルヤマ ヨシアキ)、 2.サイドギター :平木宏和(ヒラキ ヒロカズ)
3.ベース :松本芳之(マツモト ヨシユキ)、      4.キーボード :Rinda(リンダ)
5.ドラムス:吉岡信雄(ヨシオカ ノブオ)
主な演奏曲(順不同)
♪1.ロサンジェルス二世祭り
♪2.オリーブの首飾り
♪3.アクアライン
♪4.マリアエレナ
♪5.旅人よ
♪6.七里ヶ浜
♪7.和賀江島
♪8.ヤングラバーズ
♪9.ベサメ・ムーチョ・ツイスト
♪10.ダイヤモンド・ヘッド
♪11.ブラックサンドビーチ
♪12.湘南逗子渚橋
♪13.西湘バイパス・夏
♪14.246から鎌倉へ
♪15.キャラバン
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」公演の歩み
1996年〜2012年 主催:清水康子「ひとつ」の会
ステージレギラー:清水康子、椿井 亘
vol. 1 1996年12/20 東京都 第1回「天使の泉」 (目白:アプリコット ハウス)
vol. 2 1997年11/17 東京都 第2回「天使の泉」(東邦生命ホール)出演:阿部レイ、他
vol. 3 1998年 7/ 5
群馬県 第1回「天使の泉」 in 大理石村 ロックハート城 出演:井上信平(フルート) 他
vol. 4 1998年10/20
東京都 第3回「天使の泉」(東邦生命ホール)出演:阿部レイ、他
vol. 5 1999年 6/24
新潟県 第1回「天使の泉」in新潟(新潟テルサホール) 地元:ALP(子供ミュ−ジカル50人)他
vol. 6 1999年 8/28
群馬県 第2回「天使の泉」 in 大理石村 ロックハート城 ゲスト:陳敏(胡弓)
vol. 7 1999年 9/10 八王字市 「天使の泉」 in 高尾山薬王院 出演:阿部レイ、他
1999年12/ 5
フランスの童謡コンサート(東京都・銀座ヤマハホール) モンデンモモ、奥田佳菜子・奥田真佑子 他
vol. 8 1999年12/5 東京都 第4回「天使の泉」(銀座ヤマハホール)渡辺歌子・阿部レイ・モンデンモモ 他
vol. 9 2000年 5/16 山形県 「天使の泉」in鶴岡市(鶴岡中央公民館)鶴岡市児童合唱団40人
特別講話:
国際聖路加病院小児科部長 細谷亮太先生
vol. 10 2000年 8/27 群馬県 第3回「天使の泉」in 大理石村 ロックハート城 尺八:瓜生寒山・瓜生憲作、他
vol. 11 2000年12/ 6 東京都 第5回「天使の泉」(銀座ヤマハホール)出演:栗原道子、三隅町立井野中学校(ビデオレター)
vol. 12 2001年 8/18 群馬県 第4回「天使の泉」ディナーコンサートin ホテル べラヴィ−タ
vol. 13 2001年10/27 島根県 第1回「天使の泉」in井野(井野公民館)地元:唐子麺太/三隅町立井野中学校
vol. 14 2001年10/28 島根県 第2回「天使の泉」in 三隅 (三隅中学校)    地元:三隅町立三隅中学校
vol. 15 2001年11/24 東京都 第6回「天使の泉」 (安田生命ホール)出演:阿部レイ、他
vol.16 2001年12/18
京都府 第1回天使の泉」in 京都(サロン「千草つれづれ」)
vol.17 2002年 8/11
群馬県 第5回「天使の泉」ディナーコンサートin ホテル べラヴィ−タ
vol.18 2002年11/ 4
小平市 「天使の泉」in 多摩(ルネこだいら)出演:大木康子、他
vol.19 2002年12/8
東京都 第7回「天使の泉」(銀座ヤマハホール)出演:大木康子、こんのひとみ 他
2003年 7/27 *特別企画「天使の泉」ショー京王プラザホテル
山口ダンススタジオ開設10周年記念舞踏晩餐会
2003年5/1・2 2日間総勢100名、新日本プロレス西村 修さん御招待(文京区後楽園
vol.20 2003年 8/ 9 群馬県 第6回「天使の泉」 in 大理石村 ロックハート城 ゲスト:大木康子
vol.21 2003年 9/ 7 宮城県 第1回「天使の泉」ワンコイン・コンサートin 石巻(石巻市民ホール)
地元:シティ・ウィンド・アンサンブルの吹奏楽と、福祉作業所かしわホーム
vol.22 2003年 9/28 横浜市 「天使の泉」in 青葉区(横浜市:青葉公会堂) ゲストにピーコ、大木康子 他
vol.23 2004年 3/27
島根県 第3回「天使の泉」in井野(第二回目公演の井野公民館) 地出演者:唐子麺隊
vol.24 2004年 8/ 8 群馬県 第7回「天使の泉」in 大理石村 ロックハート城 ゲスト:大木康子、前田はるみ 他
vol.25 2004年11/24 東京都 第8回「天使の泉」(新宿区:四谷区民ホール) ゲスト:大木康子、他
vol.26 2005年8/20 群馬県 第8回「天使の泉」in 大理石村ロックハート城 ゲスト:大木康子、前田はるみ・くみあおい 他
vol.27 2005年10/30
長崎県 第1回「天使の泉」ワンコイン in 小値賀(五島)
夢鼓倶楽部、
小値賀町立小値賀小学校大島分校、小値賀町立斑小学校、小値賀少年少女合唱団、さつき会
vol.28 2005年12/ 1 東京都 第9回「天使の泉」 ディナー・ショー in 椿山荘 ゲスト:大木康子、嵯峨美子・栗原道子 他
vol.29 2006年 7/12 新潟県 第2回「天使の泉」ディナー・ショー (ホテル・イタリア軒) ゲスト:大木康子 
vol.30 2006年 9/10 厚木市 第1回「天使の泉」(厚木市文化会館) ゲスト:大木康子・前田はるみ 他
vol.31 2006年 9/24 町田市 第1回「天使の泉」in 成瀬 (成瀬:マ・シャンブル) 大木康子・ 他
vol.32 2006年10/ 7 町田市 第2回「天使の泉」in 成瀬 (成瀬:マ・シャンブル) 前田はるみ・くみあおい 他
vol.33 2006年10/21 町田市 第3回「天使の泉」in 成瀬 (成瀬:マ・シャンブル) 栗原道子 他
vol.34 2006年10/22 町田市 第4回「天使の泉」in 成瀬 (成瀬:マ・シャンブル) 阿部レイ 他
vol.35 2006年11/ 2 茅ヶ崎市 第1回「天使の泉」 ( 茅ヶ崎市民文化会館 小ホール)
vol.36 2007年10/23 第一回「天使の泉」 in 「インターシティーミーティング」ロータリー(京王プラザホテル多摩)
特別企画「国際ロータリークラブ第2750地区」
特別講話:聖路加国際病院 小児科部長. 聖路加国際病院 副院長兼務細谷亮太
vol.37 2008年6/ 8 佐賀県 第1回「天使の泉」チャリティー・ワンコイン・コンサートin鳥栖市
       地元出演者:福祉作業所「わかば」、武闘塾、KIDS MUSICAL TOSU お子様100名
vol.38 2009年9/23 佐賀県 第2回「天使の泉」チャリティー・ワンコイン・コンサートin鳥栖市
        地元:佐賀県警察音楽隊、「NPOわかば」、武闘塾、KIDS MUSICAL TOSU お子様120名
vol.39 2010年4 25 宮城県 第2回「天使の泉」ワンコイン・コンサートin 石巻(石巻市民ホール)
vol.40 2010年4/30 東京都 第10回「天使の泉」in 奇聞屋 『大木康子さん トリビュート」
vol.41 2010年5/27
東京都 第11回「天使の泉」in 奇聞屋 《特別企画》 『高英男さんメモワール』
vol.42 2010年9/12 東京都 第12回「天使の泉」in 墨田(江戸東京博物館ホール) 前田はるみ、くみあおい・ヴィジット・クルー
vol.43 2011年10/1 兵庫県 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin神戸市酒心館 浜村美智子・前田はるみ 他
vol.44 2012年8/15 群馬県 第9回「天使の泉」inロックハート城 総勢70名出演
(シャンソン・タンゴ・ジャズ・民謡・フラ・オカリナ)
vol.45 2013年8/15  群馬県 第10回「天使の泉」in ロックハート城 (応援に:わ鐵のわっしー・ぐんまちゃん参加)
vol.46 2013年11/10 岐阜県 第1回「天使の泉」 in 加子母・明治座 ※加子母太鼓(少年部)、加子母コーラス「夢」
vol.47 2014年8/15 群馬県 第11回「天使の泉」in ロックハート城
◆収益金は毎日新聞「社会事業団「小児がん征圧」、他へ寄付。 病気のお子様達のために使われます。
【会場によっては、有志による「天使の泉」開催実行委員さんの組織ができ、多くのお力をいただき開催。】

"生きる"小児がん征圧「天使の泉」IN石巻公演 よせて
2010 "生きる"小児がん征圧「天使の泉」チャリティー・ワンコイン・コンサートvol.39の開催を、心よりお喜び申し上げます。清水康子さん達と命のアサガオの出会いは、10年前の平成11年新潟テルサでの「天使の泉」チャリティーコンサートだったと記憶しています。それ以来彼女達は、日本全国各地で開催してきたコンサートで、命のアサガオを紹介して下さいました。
また、ハワイ州知事・ハワイ市長に「命のアサガオ」の歌のCDをプレゼントされたり、種入れ袋の作成を多くの方々に呼びかけて下さるなど、精力的に活動を続けてこられました。この紙面をお借りしまして、感謝の意を表したいと存じます。
 10年以上という年月にわたり多くの方々に、小児がんや命のアサガオを広報して下さり、誠にありがとうございました。
 そして、これからも引き続き活動を続けていって下さるよう、お願い申し上げます。
さて、ここで「骨髄バンク命のアサガオにいがた」を紹介させていただきます。
私共の会は、2008年12月1日に発足した任意団体です。日本の骨髄バンクは1991年に誕生し、2008年1月にはドナー登録数も30万人に達しました。しかし骨髄移植を希望する患者さんの9割にドナーさんが見つかりますが、実際に移植に到るのは、その約6割です。私達は全ての患者さんが骨髄移植ができるように活動しています。具体的内容として@新潟県が行うドナー登録会や献血並行型ドナー登録会のお手伝いAドナー登録説明会の開催B骨髄バンク草の根語りべ派遣C講演会・学習会・パネル展示会などの開催D命のアサガオ活動E患者・家族への支援活動F骨髄バンク支援音楽隊&アートバルーンによるPR活動G手作り品の製作と販売等です。
 この地球という星に生まれた私達誰もが、平和で幸せな時間を過ごしたいと願っていると思います。人と人がつながって誰もが「幸せな人生だった」と思えるような、そのような社会づくりの一端を、一人ひとりが担っていきましょう!
 骨髄バンク命のアサガオにいがた 会長 丹後まみこ
新潟県胎内市本郷町1-4 TEL/FAX 0254-44-8010
小児がんの子どもと家族を支援する
(財)がんの子供を守る会
−現在約1万5千人の子どもが小児がんとたたかっています−
 "小児がんが治る病気になって欲しい"という願いから、1968年、子どもを小児がんで亡くした親たちによって財団法人「がんの子供を守る会」が設立されました。
 最近における医学の進歩はめざましく、1950年には小児がんの子どもが2年以上生存するのは稀であったものが、現在では70パーセント以上は、治るようになったと言われています。しかし、治る病気になったとはいうものの、突然わが子が小児がんと診断された両親は、数々の問題や不安や心配を抱えることになります。
 そこで、当会では、まず、子どもにもいろいろな種類の小児特有のがんがあることの注意を喚起する「広報・啓蒙事業」を行うとともに、不幸にして小児がんに罹病した場合には、その当事者、家族が直面している問題や悩みを軽減するために、患者家族を中心に、医療関係者や多くの方々の参加と支援のもとに、本部と全国20の支部で様々な活動をしています。例えば、医療の進歩を願い専門医師、研究者への研究費の助成をする「研究助成事業」、当事者や両親に対して専門のソーシャルワーカーが応じている「相談事業」、経済的な助成である「療養費助成事業」、遠隔地から治療に来ている方のための宿泊施設「ペアレンツハウス」「あかつきハウス」等の運営、また「当事者本人の会」、「病院への学習ボランティア派遣、研修」、「お子さまを亡くされた父母のサポート」などがあげられます。 当会は会員の会費と趣旨に賛同の方々の寄付で運営されております。皆様に、小児がんをご理解いただき、この活動を支えるためにご芳志を賜れば幸いです。
財団法人がんの子供を守る会  理事長 垣水 孝一
〒111-0053東京都台東区浅草橋1-3-12 
 電話03-5825-6311(代表)平日10:00〜16:00
03-5825-6312(相談) FAX 03-5825-6316
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
次の団体は、小児がんに関わる活動。皆様のご寄附、助成金、会費などによって運営されています。(他、団体有り)
皆様のあたたかいご支援ご協力を心からお願いいたします
◆(財)がんの子供を守る会 郵便振替 00190-5-102394
◆スマートムンストーン代表 細谷亮太 UFJ銀行 麹町支店 (普)5066374
◆ファミリーエージェンシー 郵便振替 00150-2-155038
◆ファミリーハウス基金 郵便振替 00180-1-654419
応援者に、いただいた言葉の中から

 『天使の泉』チャリティーコンサートに寄せて
  シャンソン歌手、ジルベール・べコーは
「無関心くらい悪いやつはいない」と歌っています。
自分さえよければ他人なんかどんなになってかまわない。
という考えの人も残念な事に沢山います。
人の気持を思いやり自分の身になって考え、心配して、
そして不幸な人のお役にたつのは素晴らしい事です。
チャリティーコンサート「天使の泉」をつづけて開催をされている
清水康子さんに心から拍手を送ります。
そして叉コンサートを支えてくださる皆様に心からの感謝を捧げます。
            日本シャンソン協会 会長 石井好子
   石井好子先生のお言葉は、ご生前にいただいた言葉です。
   清水康子さんの努力によって
ひとつ“愛の灯”が燃え続けています
「天使の泉チャリティーコンサートの灯が
いつまでも消えないよう、私も
心から応援して居ます。
             日本シャンソン協会 会長 芦野 宏
       (2010年4月より 一般社団法人日本シャンソン協会 会長)

ゆうちょ銀行へお振込みの場合
2009年1月5日より「全銀システム」に接続する事により金融機関(一部を除く)と相互にお振込が出来ます。
≪振込先≫ 振込先名 店番 口座番号 名義
ゆうちょ銀行 「天使の泉」 店番:019 当座 番号:0418411 名義:テンシノイズミ
郵便局から「振込用紙」を使用して、お振込みの場合
郵便局より 振込先名 振替記号番号
郵便局より 「天使の泉」 00190-6-418400 名義:テンシノイズミ
正式名: 加入者名:清水康子「ひとつ」の会
加入者名:「天使の泉」チャリティーコンサート
前田はるみ(まえだ はるみ) タンゴ歌手 (社)日本歌手協会ゴールド会員、
                           文化庁芸術祭優秀賞受賞、アルゼンチィン・ラプラタ名誉市民 栃木県足尾生まれ、東京杉並育ち牧博・リカルド・フランシア両氏に師事、タンゴ歌手としてデビュー、全国労音公演に参加。ラスベカスのショーに長期出演している。
ドラマティックタンゴの女王前田はるみ1982アルゼンチンでテレビ・ステージ映画などに出演し名声を確立。1993年オマール・バレンテ楽団と全国公演し、2枚目のCDを発売している。
1995年三越劇場のリサイタルでタンゴ歌手で初めての文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
毎年発売されるオムニバスタンゴのCDには、必ず前田はるみの歌が収録されている。
くみ あおい ラテン歌手 東京都出身 日本ラテンアメリカ音楽協会 理事
子供の頃より児童合唱団で歌いクラシックを志すが、中南米音楽との出会いがあり、それ以来43年ラテン音楽を歌い続けている。アムラン(日本ラテンアメリカ音楽協会)の理事を務めながら、ラテンの普及と後進の指導にあたり、音楽教室を各地に開設。1995年7月末〜8月末にかけてアムラン・キューバ公演に参加。エルネスト・レクオーナー生誕100年コンサート,、1997年30周年記念ディナーショー、1999年9月キューバ、シェンフェゴスのテアトル・ルイサにてペニー・モレ国際音楽フェスティバルにアムラン代表として参加など、海外活動も多い。2002年8月3度目のキューバ訪問ではハバナからサンティアゴ・デ・クーバに渡りサルサの研修の上帰国。2003年6月椿山荘にて35周年記念記念ディナーショーで、東京キューバンボーイズを再現させ観客を魅了。2004年CD「〜人生をもう一度〜」発売。2007年12月9日 ..「くみあおい 歌手生活40周年記念コンサート」場所:六本木STBス イートベイジルにて盛大に開かれた。
清水康子(しみず やすこ) 東京都出身
       社団法人日本シャンソン協会正会員 清水康子「ひとつ」の会 代表
シャンソン歌手、1982年より故・村上進氏に師事し歌い始める。
コンサート、ディナーショー等で活躍。歌を通じてのチャリティー・国際交流にも力を注ぎ、特に1996年より広く小児がん征圧を訴えるため、"生きる"小児がん征圧「天使の泉」チャリティー・コンサートを全国各地で開催し2010年5月で41公演を数える。1999年よりHAWAII国際交流Honolulu Festivalに12年連続出演貢献授与。又、2006・2007年と日仏文化交流「SAMURAI JAPON」フランス公演出演。清水康子CD「出逢い〜再会」(KING制作)。また、2008年には"生きる"小児がん征圧「天使の泉」から生まれた曲を、歌とカラオケ入りで制作したCD「Ko・Ko・Ro/こころ〜天使の泉から〜あなたへ〜」が話題を呼び、朝日新聞/長崎版に掲載されました。http://park3.wakwak.com/~yasuco/index.html
椿井 亘(つばい わたる) 福岡県出身 社団法人日本シャンソン協会正会員
シャンソン歌手、 北九州市立大学卒業。学生時代から様々な音楽活動を続け、1987年より津波井 亘(つばいわたる)の名前でシャンソンの世界へ。1990年度「銀巴里」オー ディションに合格、閉店まで出演。その後、シャンソンの祭典「パリ祭」をはじめ、コンサートやライブ、ディナーショーを中心に活躍。1998年、椿井 亘(つばいわたる)に改名。言葉を大切に歌うことを心がけ、聴き手へのメッセージを送っている。自ら詞を書いた曲(作詞・訳詞)も多く、好評を得ている。1996年より"生きる"小児がん征圧「天使の泉」に主催幹事・歌手として参加。文化交流にも意欲的に取り組み、HAWAII Honolulu Festival、日仏文化交流「SAMURAI JAPON」等、海外での活動も。2005年CDアルバム「そして・・・明日へ。」をリリース。2008年CD「Ko・Ko・Ro/こころ」に小児がん征圧「天使の泉」の為に作詞した曲や歌で参加。
杉本富美子(すぎもと ふみこ) 石巻市出身 石巻市文化協会理事
                   日本ピアノコンクール審査委員
国立音楽大学卒業。リサイタルを9回、フレッシュコンサート(若い演奏家を育てる)を8回開催。
中学・高校の講師もしている。ピアノ・声楽・合唱・吹奏楽を中心にシャンソンや演歌も指導。
門下生とともに多数の演奏会に出演。聞いてくださる皆様に「ありがとう」の想い出を乗せて感謝を・・杉本富美子音楽教室 主宰 (ピアノ、声楽,シャンソン、コーラス、カラオケの指導)
賛助出演:原 知規 (はら ともき)(ピアノ)
東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻卒業。
医療生協さいたま 「介護老人保健施設さんとめ」勤務。
杉本富美子音楽教室 東京教室 一番弟子。現在もレッスンを続け杉本師とコンサート活動を行い、音楽活動を通じて人々の交流の輪を広げ、社会貢献へと広げていく楽しさを学んでいる。
YUKA(Pili aloha yuka) 東京都出身 Studio pili alohaスタジオ・ピリアロハ代表。アラモアナ ステージ、ワイキキ クヒオビーチでのショーをはじめ、日本でもダンサー&ハワイアンシンガーとして数多くのステージに出演。
又、本部大泉学園のスタジオを拠点とし、横浜や世田谷など数多くのスタジオにてフラハラウ(フラの教室)を開校。板橋区のイベントでは60人の生徒とフラを踊り1200人の観客を魅了。2009年・2010年と生徒と共に本場ハワイのイベントに参加。ダンサーとしても、ハワイアン実力派歌手アネライカラニやアルデン・リーバイと共演するなど幅広く活躍中。
松波常雄(まつなみ つねお)(ピアニスト)
 昭和28年4月ヴアイオリン片手に,群馬より上京、ウエスタンバンドに所属、ヴァイオリン、アコーディオン、時により歌を担当するが、後にピアノに転向。以後、タンゴ、ジャズ、ラテンなどのバンドに参加しつつオルガン演奏も手がける。 昭和40年にバンドを結成し10年以上に及び菅原洋と全国労音を始めその他のステージで演奏する、それとともに伴奏に興味を持ち、その後、クラシックから童謡に至る歌手のバンドを務める傍らピアノ、チエンバロ,オルガンのL.Pレコードを出す。現在はスタジオ録音、ステージ等。 故・淡谷のりこさんのお気に入りのピアニストで晩年はこの人の伴奏でないと歌われなかった。
夏 ひろこ(なつ ひろこ) 東京都出身  司会・アナウンサー
学生時代より趣味のスポーツを活かし、国際ヨットレースやゴルフトーナメントなどのリポーター、また水泳インストラクターとして活動。TBS「奥様広場」「TVジャンクション」、テレビ朝日「モーニングショー」、フジ「らくらくTOKIO」、インターFMラジオショッピング等、TV番組を中心にラジオ、各種イベント司会、ナレーション等、幅広く活躍。一方90〜93年、米ミネアポリスを拠点とし、コーディネーターとしてコンピューターネットワーク、環境教育、ティーチャーズコンファレンス等に参加。科学的研究、冒険、環境教育をテーマとする「国際北極プロジェクト」、「Boat Project」を手がけるなど、多岐にわたって活動中。趣味はゴルフ、ローラーブレイド、ヨット、仏教美術、特技は茶道(松風流)。

ヴィジットクルー
音楽を愛する墨田区出身の団塊世代のメンバーを中心に構成し、ベンチャーズサウンドを主に演奏するエレキ・インスト・バンド。ベンチャーズを生で聴いて育ったメンバーが演奏する曲の数々が60年代の懐かしい記憶を甦らせる。最近は、ボーカルも加わりオールディーズのバンドとしても名が知られてきた。
 2006年おやじバンドコンテスト、インスト部門グランプリ受賞。 墨田区民もやるときはやる!を実証している。
ドラムス」吉岡信雄(ヨシオカ ノブオ)、キーボード :Rinda(リンダ)、リードギター :丸山義明(マルヤマ ヨシアキ)、
ベース :松本芳之(マツモト ヨシユキ)、サイドギター :平木宏和(ヒラキ ヒロカズ)



清水康子
清水康子「ひとつ」の会
生きる"小児がん征圧「天使の泉」の紹介 〜「天使の泉」ふれあいの軌跡〜

「天使の泉」は、1996年9月に埼玉県川越市で行なわれた『生きる−小児がんの子どもたちともに』(毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社・石原プロモーション協力)のコンサートの裏方として清水康子が参加したのをきっかけに、シャンソンの仲間に呼びかけ、同年11月第一回"生きる"小児がん征圧「天使の泉」チャリティー・コンサートを開催、その輪は、着実に広がっています。

群馬県の潟Tンポウグループのロックハート城、ホテル・べラヴィ−タでは、連続8年の公演。
 新潟県(新潟テルサ)では50人のお子様が出演。八王子市「高尾山薬王院」では初めてのコンサートには檀家の皆様のご協力で山の上の本殿までピアノを用意してくださり開催、フアンの皆様の感嘆・感動の声を頂いたを「天使の泉」コンサートでした。山形県鶴岡市(鶴岡中央公民館)では、はじめて、4つのライオンズ・クラブさんが一緒のイベント協力でこのコンサートが実現できたと聞きました。
 島根県では、生徒数27名の閉校となる井野中学校の生徒さんとメールで交流がきっかけで取り壊されることが決まっていた校舎を訪問、閉校前にと第一回「天使の泉」IN井野を体育館で目開催。一年後に第二回を井野公民館(旧・井野中学校)と統合された三隅町立中学校(学校行事)で開催。 京都市での開催は、ご自分が「癌」と宣告されどうしても、子供さん達のために開催したいとの個人の意見を頂き、その方(半年後、天国へ)のご協力で開催。小平市はNPO法人を立ち上げた団体がご協力。

 そして2003年9月、東北地方で初めて、宮城県石巻市で開催。従業員の大半を知的障害者・身体障害者・定年退職した高齢者が占め障害者及び高齢者の雇用に積極的に努めている、宮城県河北町の(株)共栄クリーニング、河北町福祉作業所かしわホームの方々が実行委員さんになって、24人の地元ボランティア、 4人の東京や岐阜からのボランティアと90社を超える協賛企業さんの協力を頂き開催。1ヵ月後には、忘れられないコンサートとして・・・改めて紙面にコンサートの模様が紹介されていました。そして、同年(2003年)は他に、特別出演に大木康子さん、ピーコさんをお迎えしての横浜市青葉区や、山口信次ダンススタジオの協力により開催された「天使の泉」。

 2004年は島根県井野で二回目の公演、群馬県(8公演)では8年目となった大理石村ロックハート城での開催。このステージには「命のアサガオ」の光祐君のお母さま・丹後まみこさんのお話と「命のアサガオ」の映画を上映いたしました。

 2005年は東京から8時間、飛行機・列車・船を乗り継ぎ長崎県・小値賀町(17島からなる人口3000名の町)で開催。島と言う事で改めて患者・家族の大変さを考えさせられた、そして大きな感動を呼んだ意義深い公演でした。 

 2006年、新潟県第2回公演。厚木市、茅ヶ崎市での公演には、アンデルセン高等学院(自立の難しい15歳〜20歳前後の青年達に、コンサートの仕事を通じて機能教育を行っています)の生徒さんたちにも協力を頂きました。町田市成瀬ではシャンソンを勉強している方も参加、多くの歌手の方々に賛同を頂き4日間開催。

 12年目となる2007年は、「国際ロータリークラブ第2750地区」9つのグループ担当幹事:多摩東グループ様のお声を頂き、「インターシティーミーティング」特別企画第1回"生きる"小児がん征圧「天使の泉」チャリティー・コンサート in ロータリー(vol.36)を開催。聖路加国際病院 小児科部長 副院長 細谷亮太先生の特別講演を行い、ロータリアン、奉仕団体の代表者、メディア関係者、他、ご参加450名へ、「小児がん征圧」や「小児がん」へのご理解を呼びかける事ができました。
 更に、2008年佐賀県鳥栖市公演に向けて、鳥栖市『天使の泉』開催実行委員会が鳥栖市で発足。地元有志120名と東京よりの出演者で開催。2009年には、佐賀県警警察音楽隊と130人のお子様達も加わり、鳥栖市第二回"生きる"小児ガン制圧「天使の泉」チャリティーVOL.38を終演させて頂きました。

 2010年スタートは、第2回 in 石巻VOL.39公演が再び開催されます。そして、小児がん征圧「天使の泉」を応援してくださっていた〜大木康子さん トリビュート〜VOL.40と日本シャンソン歌手第一号の〜高英男さん メモワール〜VOL.41、お二人の歌った音楽とともに小児がん征圧コンサートを開催。(お二人は2009年春、天国へと旅たたれ、悲しいお別れをしました。)
 そして、世界一となる電波塔Tokyo Sky Tree(高さが634m)が出来る墨田区を中心に活動をしているエレキバンドグループ「「ビジット・クルー」のご縁で「Music tree Concert実行委員会」とともに墨田区でも秋2010年9月12日(日)大江戸博物館ホールにて「天使の泉」を開催。これからも皆様のご協力・ご理解のもと「天使の泉」の活動を通して小児がん征圧を一人でも多くの方々に広報、訴えてきたいと思っています。  清水康子「ひとつ」の会 代表 清水康子(シャンソン歌手) 2010年春:記
vol.43
2011年10/ 1 兵庫県 第一回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」Charity concert in 神戸酒心館 vol.43
vol.44
2012年 8/15 群馬県 第9回「天使の泉」Charity concert in 大理石村 ロックハート城 vol.44
vol.45 2013年 8/15 群馬県 第10回「天使の泉」Charity concertin ロックハート城 ※応援:ぐんまちゃん、わ鐵のわっしーちゃん
vol.46 2013年11/10 岐阜県 第1回「天使の泉」Charity concert in 加子母・明治座 ※加子母太鼓(少年部)、加子母コーラス「夢」


清水康子「ひとつ」の会 主催の“生きる”小児がん征圧「天使の泉」運動は、2010年で15年目になりました。
●2010年4月25日宮城県第2回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」in 石巻市 vol.39  終演
★2010年4月30日生きる小児がん征圧「大木康子さん トリビート」 VOL..40  終演  
☆2010年5月27日“生きる”小児がん征圧「天使の泉」 VOL.41《特別企画》〜高英男さんメモワール〜 終演
2010年9月12日第1回Music tree Concert  “生きる”小児がん征圧「天使の泉」vol.42 
           会場:「江戸東京博物館 ホール 【時 間】 開場13:00〜 / 開演13:30〜
お言葉を頂いた応援者・・・・(敬称略 頂いた時のお役記録)
石井好子(日本シャンソン協会 会長)
芦野 宏(日本シャンソン協会副会長・日本シャンソン館館長)

永田文夫(訳詞家協会理事、音楽評論家)
細谷亮太(聖路加国際病院小児科部長)
関口照生(写真家)、陳敏(二胡奏者)、
湯川れいこ(音楽評論家・作詞家)、
山田憲道:長崎県小値賀町町長
橋本康志
佐賀県・鳥栖市 市長 
土井喜美夫: 石巻市長太田実:河北町町長、
富塚陽一: 鶴岡市市長

●波多野里望:学習院大学教授・波多野フアミリースクール理事長
二本木孝成:あいテレビ取締役:二本木孝成、
●前田 昭:テレビユー福島郡山支社長、

他 沢山の方から暖かいメッセージを頂いています。
◆今までの寄せて@1997〜2000年 
◆今までの寄せてA2001年 
◆今までの寄せてB2002年
みなさまから ライオンズクラブ・教育関係者・医療関係者
島根県那賀郡三隅町教育委員会教育長 山田洋夫
島根県那賀郡三隅町立井野中学校校長 花田豊子
2010年度 下記氏名でご後援を頂いています。敬称略・順不同
【厚生労働省】 厚生労働事務次官 ・ 水田邦雄
【墨田区】 墨田区長 山崎 昇
毎日新聞社 朝比奈 豊(毎日新聞社代表取締役社長)
山口 恒夫(毎日新聞東京社会事業団常務理事)
毎日新聞社 事業本部
第一プランド事業本部副部長 藤田裕伸
日本シャンソン協会 会長 芦野 宏
【日本シャンソン館 館長 芦野 宏 副館長 羽鳥功二
財団法人がんの子どもを守る会

理事長 垣水孝一

骨髄バンク命のアサガオにいがた
会長 丹後まみこ
ソロプチミスト利根ぬまた
平井淑子
ロックハート城 常務取締役 平井淑子
小児がんの活動「天使の泉」紹介ページ 清水康子の世界へ カンツォーネ歌手のページへ・ミルバ・バノーニ シャンソン歌手・アズナブールのページへ 清水康子とシャンソン、トップページへ 掲示板にいきます。
清水康子とシャンソンTOPページへ
トップへ
終演:活動その後の記録ページTOP

曲名 訳詞 OR 作詞 作曲
uka&Studio pili aloha
 1.KIPAHULU (キパフル)
作詞:RASMUSSEN CARL HOKU
作曲:RASMUSSEN CARL HOKU
 2.PUAMANA (プアマナ) 作詞:Irmgard Farden Aluli 作曲:Irmgard Farden Aluli
 3.Kauanoeanuhea
   (カウアノエアヌヘア)
作詞:REICHEL CARLETON KEALII 作曲:REICHEL CARLETON KEALII.
 4.Ka Wailele O Nu`uanu
   (カ・ヴァイレレ・オ・ヌウアヌ)
作詞:Jay Kauka 作曲:Jay Kauka
杉本富美子音楽教室
 1.元気に笑え
  
原題 Freude und Lachen
  
(喜びと笑い声)
訳詞:阪田寛夫
作詞:エディット・メラー(Edith Moeller)
作曲:リードリヒ・メラー
   (Friedrich Moeller )
 2.童神(わらびがみ) 作詞:古謝美佐子 作曲:佐原一哉
 3.空も海も風も 作詞:覚 和歌子 作曲:木村 弓
清水康子
 1.枯葉
   
Les Feuilles mortes
訳詞:岩谷時子
作詞:Jacques Prevert
作曲:Joseph Kosma
 2.足 詩:横山洋子 作曲:野秋聖子
 3.孤独なんてない
  La solitude ca n'existe pas
訳詞:アン・あんどう 作曲:Gilbert Becaud
椿井 亘
 4.サンジャンの私の恋人
  Mon Amant de Saint-Jean
訳詞:矢田部道一 作曲:E.Carrara
 5.パパと踊ろうよ
  Viens Valser avec Papa
日本語詞:薩摩 忠 作曲:B. Ljing
 6.SHE 作詞・Charles Aznavour
訳詞:椿井 亘
作詞・Charles Aznavour
くみあおい
 7.コーヒールンバ
   Moliendo Cafe
  「コーヒーを挽きながら」
作詞:Jose Manzo Perroni
訳詞:中沢清二
作曲:Jose Manzo Perroni
 8.ベッサメムーチョ
    Besame mucho。
作詞:コンスエロ・ベラスケス
(Consuelo Velazquez)1941年作。
16歳前につくる
作曲:コンスエロ・ベラスケス
(Consuelo Velazquez)1941年作。
16歳前につくる
 9. カチート
    Cachito
作詞:コンスエロ・ベラスケス
(Consuelo Velazquez)1957年作
作曲:コンスエロ・ベラスケス
(Consuelo Velazquez)1957年作
前田はるみ
10.恋心
   L'amour C'est pour rien
作詞:Pascal Rene Blanc
訳詞:永田文夫
作曲:Enrico Macias
11.希望
   L'amour, C'est pour rien
作詞:藤田敏雄 作作曲:いずみたく
12.ラ・クンパルシータ
   La Cumparsita
作詞:Enrique Maroni
  &Pascual Contursi
作曲:Gerardo Matos Rodriguez