清水康子
清水康子 シャンソン 歌手
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」TOPへ 清水康子シャンソン活動TOPページ
1996年~スタートした小児がん制圧「天使の泉」 2014年で18年目≫ ★清水康子「ひとつ」の会
清水康子・プロフィール 清水康子「ひとつ」の会:会則 清水康子「ひとつ」の会主催 
 【小児がん征圧運動関連ページ】 収益金寄付
「天使の泉」とは 第一回を開催・・  生きる小児がん征圧・イベント  天使の森・天使の泉
毎日新聞社:あるがままに普通に ●チラシ1999年より~少し紹介 新聞   2010報道

終演 2013年11月10日(日)岐阜県第1回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサートin 加子母明治座 Vol.46
【出演】清水康子、椿井 亘、草別ひろみ、三森万輝
【地元有志】加子母太鼓保存会、加子母コーラス「夢」  司会:椿井 亘、清水康子
  ご入場無料
【会場】明治座(岐阜県中津川市加子母4793-2) 【主催】清水康子「ひとつ」の会
【天使の泉・趣旨・目的】コンサートやディナーショーを通して、一人でも多くの方に「小児がん」という病気や、その病気と闘っている子どもたちのことを少しでもご理解いただき、医療へのご協力を呼びかけていくことを目的としています。会場に置かれた募金箱の募金は、(財)毎日新聞社会事業団の『小児がん征圧募金』へ寄付させていただきます。(小児がんの子どもたちの為に使われます)。 
夏休み♪お子様 ご家族連れで,お出かけくださいました。

2013年月15日後援:厚生労働省 他 【終演】
   群馬県第10回“生きる”小児がん制圧
「天使の泉」
チャリティーコンサート
in ロックハート城 Vol.45
 

清水康子
開演11時半 ~ 終演15時半(休憩有り)
 命のアサガオの種プレゼント500名様
※11時半から広場にて150名様・鼻プレゼント
★観覧頂いた方に、クールネックバンド配布

椿井 亘
幹事歌手:清水康子・椿井 亘  司会:荒木千賀子 
 
わ鐵のわっしーちゃんも 出演者もお客様も・・・  ぐんまちゃんも
   
午後12時お城広場集合鼻着けてカウントダウン)
出演;前田はるみ、清水康子、椿井 亘、三森万輝、矢部幸子、和田民子
【協賛】 ロックハート城  【協力】音響成田屋・遊佐 
 
小児がん征圧を願って・・・(撮影OKのお客様も、ご一緒に記念写真に参加)
1枚目≫ぐんまちゃん わっしーも赤鼻をつけて皆で病気のお子様を応援
2枚目≫おすまししてパチリ。小児がん征圧を願って、子供たちの未来にエ~ル♪
 開会前にご挨拶
相談役とわっしーちゃんとともに
 わ鐵のわっしーちゃん と ぐんまちゃん登場♪   開会前にご挨拶
相談役とぐんまちゃんとともに
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」IN ロックハート城:開会 一緒に歌いましょう♪「歌はともだち MCを荒木千賀子さん安心してお任せ
 
   わ鐵のわっしーぐんまちゃん
★子どもさんも大人も仲良し♪
椿井 亘
♪パパと踊ろうよ
 清水康子
♪足
前田はるみ
♪恋心
三森万輝
♪桜影法師
 矢部幸子
♪水に流して
和田民子
♪フルフル
 
 
ぐんまちゃん、わ鉄のわっしーちゃんも応援参加 
2013年の夏は、特別な猛暑・・ご提供者があり
特別プレゼント
「熱中症 対策に「クールネック」500本を観覧・応援いただいたお客様へ配布しました
 
当日は猛暑・・・応援していただくお客様には、日陰からの観覧をお願いし、
椅子なども途中から移動して、ステージをご覧頂きました。
ぷろぐらむとチラシ 
清水康子 2013年8月15日群馬県第10回
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」
チャリティーコンサ-ト VOL.45
無事終演させていただきました。


応援いただいた、群馬県の
人気マスコットさんお二人、ぐんまちゃん と
 わ鐵のわっしーちゃんも 
元気よく歌の仲間入りをしてくださいました。
人気者さんたちと記念写真を写す、
ご来城者の姿も多かったです。


 ロックハート城のオーナ㈱サンポウグループの取締役会長 平井良明様ご夫妻には、ステージを暖かく見守っていただきました。また、 (公・財)がんの子どもを守る会事務局早川さま、そして「骨髄バンク普及映画を作る会」代表の黒岩由香さまも2名で
お出かけいただき、素敵な盛花を頂き、炎天下でしたがステージ前に飾りました。 応援くださいましたみなさま、ご出演協力頂きました皆さま、そして、裏方で、細やかな配慮の元動いてくださった皆様には、心から 感謝申し上げます。  
  
児がん 理解深めて 高山で慈善演奏会 上毛新聞 2013年8月17日(土)掲載記事 
 小児がんへの理解を深めてもらうチャリティーコンサート「第10回〝生きる〟小児がん制圧『天使の泉』」が15日、高山村中山のロックハート城で開かれた「ぐんまちゃん」と「わ鉄のわっしー」も駆け付け、出演者と一緒にステージを盛り上げたり記念撮影をして、笑顔の輪を広げた。
 患者を招待し、主催者でシャンソン歌手の清水康子さんら6人が歌声を披露した。記念撮影では、入院中の子どもを支援する活動のシンボル「赤い鼻」を付け、観光客も一緒になって写真に収まった。
 コンサートは「清水康子『ひとつ』の会」が1996年に始め、これまでに全国45公演を実施。
小児がんの啓発と患者や家族の支援を目的に、「鼻の日(8月7日)」周辺に開いている
 
 【募金寄付報告】 2013年8月19日振込み完了
★毎日新聞社会事業団 小児がん征圧基金へ 金14,301円(お城・募金箱)
★がんの子どもを守る会へ 金17,000円(8月7日赤鼻イベント時 小児がん征圧募金箱より)
クールバンド9000枚を無償配布(郵送)・・・有意義に使用(送料/清水康子)。】
★1,000枚毎日新聞 ・ 少年野球大会 神宮球場 
★1,000枚=日本シャンソン館 来館者へ・地域使用。
★2,000枚=石巻市・骨髄バンク石巻支部小野様・・被災地支援者 他
★3,000枚=ロックハート城相談役(国際ソロプチミスト利根ぬまた)8月11日に地域青少年野球大会有り
★550枚=前田 昭さまを通して福島支援チャイルドライン郡山
★280枚=都内保育園児童へ        ★200枚=目白:赤鼻イベント協力店 2店へ。
★300枚=岐阜県中津川市加子母へ  ★300枚=長岡市・山古志村へ
★500枚=“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサ-トinロックハート城 vol.45 来城者様へ
★残こり=清水康子「ひとつ」の会 関係者

■クールバンド提供者は、友人の下総忠敬氏(皖東電子株式会社 音楽事業部/下總音楽事務(父:下總皖一)) の、お嬢様川浦佐代子さん別会社の代表者小川 哲也様のお申し出でした。
 
【ぐんまちゃん】群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」は平成24年12月21日に
「群馬県宣伝部長」に就任。(県の広報誌や広報番組にさまざまな姿に変身して登場。)
 
【わ鐵のわっしー】わたらせ渓谷鐵道の認知度向上を図り、多くの皆様に親しみを持っていただき、
さらなる増客につなげるためキャラクター・マスコット誕生。
窓ガラスのないオープンタイプの列車で、爽やかな風に吹かれながら渓谷の景色を
お楽しみ頂くことができます(冬期は窓にガラスを取り付けて運転します)。
★トロッコ列車は毎日運転ではありません。ご利用前に運転日をご確認ください。
  トロッコ列車は定員制です。整理券をお持ちでないとご利用にはなれません。
わたらせ渓谷鐵道㈱★群馬県 みどり市 大間々町大間々1603-1 TEL:0277-73-2110 FAX:0277-73-3121
 
  
  
MISAKI YUI 欠席
【“生きる"小児がん征圧「天使の泉」は・・・】
1996年9月に埼玉県川越市で行なわれた『生きる-小児がんの子どもたちともに』
(毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社・石原プロモーション協力)のコンサートの裏方として清水康子が参加したのをきっかけに、歌の仲間たちや応援者に参加を呼びかけ同年12月に第1回を開催。その後も全国各地で実行委員の協力を得毎年開催。2013年は永年にわたり「天使の泉」開催に多くのお力添えを頂いているロックハート城の協力で、来場者の多い8月15日に群馬県第10回「天使の泉」開催。そして岐阜県ではじめて第一回「天使の泉」加子母・明治座でも46公演目の開催が決定。
【趣旨・目的】
コンサートやディナーショーを通して、一人でも多くの方に「小児がん」という病気や、その病気と闘っている子どもたちのことを少しでもご理解いただき、医療へのご協力を呼びかけていくことを目的としています。コンサートの収益金は、(財)毎日新聞社会事業団の『小児がん征圧募金』へ寄付させていただきます。(小児がんの子供たちの為に使われます。)
【命のアサガオの種を500名様プレゼント】
 命のアサガオは、平成5年、小学校に入学し3ケ月ほど通っただけで入院。「骨髄移植」が受けられないまま9月に白血病のため7才で亡くなった丹後光祐君の育てたアサガオです。皆様のお手元でアサガオを咲かせて上げてください。
【会場】ロックハート城  TEL:0279-63-2101
               群馬県吾妻郡高山村5583-1
【交通】上越線沼田駅バス15分(関越交通中山本宿行き「ロックハート城前」下車すぐ)
車:関越自動車道沼田ICより約11キロ約20分、渋川伊香保ICよりR17・145~約22km/50分
【入場料】大人1000円、中人(中学生・高校生)800円、小人(4才~小学生)500円
       *身障者割引→50%OFF *団体割引→10名様以上10%OFF
 【ショー観覧・無料】
 
【主催】清水康子「ひとつ」の会  【協力】音響・㈲成田屋
【後援】厚生労働省毎日新聞社群馬テレビ公益財団法人がんの子どもを守る会、一般社団法人日本シャンソン協会、
     国際ソロプチミスト利根ぬまた、特定非営利活動法人骨髄バンク命のアサガオにいがた、
     RED NOSE JAPAN PROJECT実行委員会、一般財団法人日本シャンソン館

【協賛】】ロックハート城ホテル ベラヴィータル・ヴィラージュ・アンシャンテ
清水康子「ひとつ」の会 http://park3.wakwak.com/~yasuco  【メール】tenshi-izumi@cb.wakwak.com

★ロックハート城は、1829年に英国のウィリアム・ロックハート伯爵が、スコットランド地方サウス・ラナークシャイアの
カールーク(Carluke)に建設した、約3200トンの砂岩からなる地上3階、地下1階の建物ら面★★

出演・進行 清水康子、椿井 亘
主催:清水康子「ひとつ」の会/協力:ロックハート城
 清水康子(しみず やすこ) 東京都出身  一般社団法人日本シャンソン協会正会員  清水康子「ひとつ」の会代表
10代の頃、児童劇団に所属。1982年より故・村上進氏に師事し歌い始める。コンサート、ディナーショー等で活躍。また、歌以外にも1992年劇団東童会60周年記念「グスコーブドリの伝記」に風女役で出演。歌を通じてのチャリティー活動や国際交流にも力を注ぎ、1996年より広く小児がん征圧を訴えるため、"生きる"小児がん征圧「天使の泉」チャリティー・コンサートを全国各地で開催46公演を数え、2013年11月で18年目を迎える。ハワイI国際交流ホノルル・フェスティバルには1999年より連続出演し貢献賞を授与され、現在も世界各地から出演団体が多くなったホノルル・フェスティバルに、15年連続参加。又、2006・2007年と日仏文化交流「SAMURAI JAPON」フランス公演に出演。2010年からクリニクラウン協会(クラウンに扮し病気入院中の子供さん訪問)が推進している8月7日赤鼻の日運動を広くPRするイベントをスタート。活動が多く紙面に掲載されている。CDは「出逢い~再会」(KING制作)。また、2008年には"生きる"小児がん征圧「天使の泉」から生まれた曲を集めたCD「Ko・Ko・Ro/こころ~天使の泉からあなたへ~」(歌とカラオケ入り)を発表。ラジオ:ハワイJ-JAPN『この方とコーヒーをもう一杯』、ハワイKSSKラジオ「Perry & price」、BSN新潟放送「DJ大倉修吾ミュージックポスト」、USEN440♪「生きがいチャンネル」“有名人に聞く生き生きライフ”、FMながおか807「さとちんの縁側日記」、“ざいつきげんの音楽鍋”、燕三条FM「ハート・サタイル・カフェ」、FM西東京「田村良一のああ言えば交遊録」等。テレビ:TOKYO MXテレビ「シャンソンを貴方に」。恒例年二回の音楽評論家永田文夫プロデュース「三越劇場ポピュラー音楽祭」出演。
 椿井 亘(つばい わたる) シャンソン歌手。 北九州市立大学卒業。
学生時代から様々な音楽活動を続け、1987年より津波井 亘(つばいわたる)の名前でシャンソンの世界へ。1990年度「銀巴里」オー ディションに合格、閉店まで出演。その後、シャンソンの祭典「パリ祭」をはじめ、コンサートやライブ、ディナーショーを中心に活躍。 自ら詞を書いた曲(作詞・訳詞)も多く、好評を得ている。1996年より"生きる"小児がん征圧「天使の泉」に主催・幹事・歌手として参加。国際文化交流にも意欲的に取り組み、日米文化交流HAWAII Honolulu Festival、日仏文化交流「SAMURAI JAPON」等、海外での 活動も。2006年CDアルバム「そして・・・明日へ。」をリリース・・・このCDの中から2010年7月3・4日NHKホールで「第48回パリ祭」 (2010年7月17日石井好子さんが亡くなったため、追悼の意味を込めステージを構成、この公演の中ラストステージに、伊東はじめさん、広瀬敏郎さん、青木裕史さんで「カテドラル~愛の祈り・・・椿井 亘訳詞」が歌われました。2008年CD「Ko・Ko・Ro/こころ」に小児がん征圧「天使の泉」の為に作詞した曲や歌で参加。
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」公演の歩み
1996年~2013年 主催:清水康子「ひとつ」の会
ステージレギラー シャンソン歌手(主催開催幹事):清水康子椿井 亘
vol. 1 1996年12/20 東京都 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサート (目白:アプリコット ハウス)
vol. 2 1997年11/17 東京都 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(東邦生命ホール) 出演:阿部レイ、他
vol. 3 1998年7/ 5
群馬県 第1回「天使の泉」 in 大理石村 ロックハート城 出演:井上信平(フルート) 他
vol. 4 1998年10/20
東京都 第3回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(東邦生命ホール)出演:阿部レイ、他
vol. 5 1999年6/24
新潟県 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin新潟(新潟テルサホール) 地元:ALP(子供ミュ-ジカル50人)他
vol. 6 1999年 8/28
群馬県 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城 ゲスト:陳敏(胡弓)
vol. 7 1999年 9/10 八王字市 「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 高尾山薬王院 出演:阿部レイ、他
1999年12/ 5
フランスの童謡コンサート(東京都・銀座ヤマハホール) 子役:奥田佳菜子・奥田真佑子
vol. 8 1999年12/5 東京都 第4回「天使の泉」(銀座ヤマハホール)渡辺歌子・阿部レイ・モンデンモモ 他
vol. 9 2000年5/16 山形県 「天使の泉」in鶴岡市(鶴岡中央公民館)鶴岡市児童合唱団40人
特別講話:
国際聖路加病院小児科部長 細谷亮太先生
vol. 10 2000年 8/27 群馬県 第3回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城 尺八:瓜生寒山・瓜生憲作、他
vol. 11 2000年12/ 6 東京都 第5回「天使の泉」(銀座ヤマハホール)出演:栗原道子、三隅町立井野中学校(ビデオレター)
vol. 12 2001年8/18 群馬県 第4回「天使の泉」ディナーコンサートin ホテル べラヴィ-タ
vol. 13 2001年10/27 島根県 第1回「天使の泉」in井野(井野公民館)地元:唐子麺太/三隅町立井野中学校
vol. 14 2001年10/28 島根県 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 三隅 (三隅中学校)    地元:三隅町立三隅中学校
vol. 15 2001年11/24 東京都 第6回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(安田生命ホール)出演:阿部レイ、他
vol.16 2001年12/18
京都府 第1回天使の泉」チャリーティ・コンサートin 京都(サロン「千草つれづれ」)
vol.17 2002年 8/11
群馬県 第5回「天使の泉」ディナーコンサートin ホテル べラヴィ-タ
vol.18 2002年11/ 4
小平市 「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 多摩(ルネこだいら)出演:大木康子、他
vol.19 2002年12/8
東京都 第7回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(銀座ヤマハホール)出演:大木康子、こんのひとみ 他
2003年7/27 *特別企画「天使の泉」チャリーティ・ショー京王プラザホテル
山口ダンススタジオ開設10周年記念舞踏晩餐会
2003年5/1・2 2日間総勢100名、新日本プロレス西村 修さん御招待(文京区後楽園
vol.20 2003年 8/ 9 群馬県 第6回「天使の泉」チャリーティ・コンサート in 大理石村 ロックハート城 ゲスト:大木康子
vol.21 2003年 9/ 7 宮城県 第1回「天使の泉」ワンコイン・コンサートin 石巻(石巻市民ホール)
地元:シティ・ウィンド・アンサンブルの吹奏楽と、福祉作業所かしわホーム
vol.22 2003年 9/28 横浜市 「天使の泉」チャリーティ・コンサートin青葉区(横浜市:青葉公会堂) ゲストにピーコ、大木康子 他
vol.23 2004年3/27
島根県 第3回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin井野(第二回目公演の井野公民館) 地出演者:唐子麺隊
vol.24 2004年 8/ 8 群馬県 第7回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城 ゲスト:大木康子、前田はるみ 他
vol.25 2004年11/24 東京都 第8回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(新宿区:四谷区民ホール) ゲスト:大木康子、他
vol.26 2005年8/20 群馬県 第8回「天使の泉」in 大理石村ロックハート城 ゲスト:大木康子、前田はるみ・くみあおい 他
vol.27 2005年10/30
長崎県 第1回「天使の泉」ワンコイン in 小値賀(五島)
夢鼓倶楽部、小値賀町立小値賀小学校大島分校、小値賀町立斑小学校、小値賀少年少女合唱団、さつき会
vol.28 2005年12/ 1 東京都 第9回「天使の泉」 ディナー・ショー in 椿山荘 ゲスト:大木康子、嵯峨美子・他
vol.29 2006年 7/12 新潟県 第2回「天使の泉」ディナー・ショー (ホテル・イタリア軒) ゲスト:大木康子 
vol.30 2006年 9/10 厚木市 第1回「天使の泉」(厚木市文化会館) ゲスト:大木康子・前田はるみ 他
vol.31 2006年 9/24 町田市 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 成瀬(成瀬:マ・シャンブル) 大木康子・ 他
vol.32 2006年10/ 7 町田市 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 成瀬(成瀬:マ・シャンブル) 前田はるみ・くみあおい 他
vol.33 2006年10/21 町田市 第3回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 成瀬(成瀬:マ・シャンブル) 
vol.34 2006年10/22 町田市 第4回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 成瀬(成瀬:マ・シャンブル) 阿部レイ 他
vol.35 2006年11/ 2 茅ヶ崎市 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサート ( 茅ヶ崎市民文化会館 小ホール)
vol.36 2007年10/23 第一回「天使の泉」 in 「インターシティーミーティング」ロータリー(京王プラザホテル多摩)
特別企画「国際ロータリークラブ第2750地区」
特別講話:聖路加国際病院 小児科部長. 聖路加国際病院 副院長兼務細谷亮太
vol.37 2008年6/ 8 佐賀県 第1回「天使の泉」チャリティー・ワンコイン・コンサートin鳥栖市
     地元出演者:福祉作業所「わかば」、武闘塾、KIDS MUSICAL TOSU お子様100名
vol.38 2009年9/23 佐賀県 第2回「天使の泉」チャリティー・ワンコイン・コンサートin鳥栖市
     地元:佐賀県警察音楽隊、「NPOわかば」、武闘塾、KIDS MUSICAL TOSU お子様120名
vol.39 2010年4/25 宮城県 第2回「天使の泉」ワンコイン・コンサートin 石巻(石巻市民ホール)
vol.40 2010年4/30 東京都 第10回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 奇聞屋 『大木康子さん トリビュート」
vol.41 2010年5/27
東京都 第11回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 奇聞屋 《特別企画》 『高英男さんメモワール』
vol.42 2010年9/12 東京都 第12回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 墨田(江戸東京博物館ホール) 
前田はるみ、くみあおい・ヴィジット・クルー
vol.43 2011年10/1 兵庫県 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin神戸市酒心館 浜村美智子・前田はるみ 他
vol.44 2012年8/15 群馬県 第9回「天使の泉」チャリーティ・コンサートinロックハート城 
総勢70名出演(シャンソン・タンゴ・ジャズ・民謡・フラ・オカリナ)
vol.45 2013年8/15 群馬県 第10回「天使の泉」チャリーティ・コンサートinロックハート城 ぐんまちゃん わ鐵のわっしー 
vol.46
2013年11/10 岐阜県第1回 「天使の泉」チャリーティ・コンサートin加子母(かしも) 明治座 加子母太鼓保存会、コーラス夢
vol.47 2014年8/15 群馬県 第11回「天使の泉」チャリーティ・コンサートinロックハート城 浜村美智子。前田はるみ ぐんまちゃん  
vol.48 2015年8/15 群馬県 第12回「天使の泉」チャリーティ・コンサートinロックハート城 ぐんまちゃん 
◆収益金は毎日新聞「社会事業団「小児がん征圧」、他へ寄付。 病気のお子様達のために使われます。
【会場によっては、有志による「天使の泉」開催実行委員さんの組織ができ、多くのお力をいただき開催。】

    ★?:裏方・参加予定者★ ★清水康子「ひとつ」の会 幹事・関係者  
清水康子
代表・歌手
椿井 亘
幹事・歌手
 前田 昭
 (相談役)
宮田 修
幹事・記録
野辺修司
幹事:カメラマン
 ゆかり
幹事・会場
 袖山和志
幹事・会場
         
 遊佐 徹
音響:㈲成田屋
糠沢 智
音響ボランティア
 
   高橋
 わたらせ
渓谷鐵道㈱
群馬県庁
広報課

  2014年
ゆりキャラ
グランブリ優勝
ロックハート城
相談役
平井淑子様
小野
 ロックハート城
 斎藤
ロックハート城

 
       
ロックハート城
ホテル ベラヴィータ


 


清水康子・シャンソン・スケジュール
お話し掲示板  掲示板♪ 清水康子シャンソン活動

清水康子とシャンソンバーナーです。
TOPぺーじへ
小児がんの活動「天使の泉」紹介ページ“生きる”小児がん征圧「使の泉」チャリティー 清水康子 プロフィール
清水康子「ひとつ」の会
「毎日の福祉」 ラジオ 新聞 掲示板 臨時掲示板
石巻新聞社

後援を頂いています。
厚生労働省 厚生労働省 「天使の泉」公演では後援を頂いています。
また、コンサート内容は、監修をうけ開催されています
毎日新聞社さんが1996年から“生きる”のイベントを石原プロモーションと共に展開、「天使の泉」公演には,清水康子が、1996年の“生きる”のイベントに裏方として参加したのがきっかけでスタートさせました。小児がん関連のニユースなど、良く新聞に掲載されています。
一般社団法人
日本シャンソン協会
シャンソン協会には、後援・広報など大変お世話になっています。
(故)石井好子先生、 (故)芦野 宏先生には、大変応援をいただきました。
一般財団法人
日本シャンソン館
日本シャンソン館:芦野 宏先生が設立。
シャンソンの資料・昔懐かしい歌手の写真やドレスその他・コンサートも定期的に開催。
公益財団法人
がんの子どもを守る会
「天使の泉」公演には。後援・協力・相談をさせて頂いています。
開催会場によっては、守る会さんより、担当者の方が、公演の中でお話をしていた抱いています。

公益財団法人がんの子どもを守る会 (のぞみ財団)
本部事務局〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-3-12  TEL:03-5825-6311(代表
 (財)がんの子供を守る会 
大阪事務所
公益財団法人がんの子供を守る会 (ペアレンツハウス大阪) 
大阪事務所〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-3-1 TEL:06-6263-1333(代表)
命のアサガオ 特定非営利活動法人骨髄バンク命のアサガオにいがた
事務局〒959-1353新潟県加茂市五番町14-4TEL 0256-46-0068/FAX 0256-46-0079
”いのちのアサガオ”は,平成5年に白血病のため7才で亡くなった丹後光祐君が,約3ヶ月間だけ通った小学校で大事に育てていた”アサガオ”です
コンサート開催時に「命のアサガオ」の配布をさせていただき、命の大切さなどを訴えていきたいと思います。
   RED NOSE JAPAN PROJECT 実行委員会
(特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会内)
〒552-0021 大阪府大阪市港区築港3-7-15 港振興ビル305-A
RED NOSE JAPAN PROJECT 実行委員会 TEL: 06-6575-5592 / FAX: 06-6575-5593

8月7日鼻(ハナ)の日 ~子どもたちの笑顔のために~


プロフィール
田はるみ (まえだ はるみ) 栃木県足尾で生まれる、東京杉並区で育つ。
牧博、リカルド・フランシア両氏に師事し、タンゴ歌手としてデビュー。全国労音公演に参加。ラス・ベガスのショーに長期出演した。
1982年にはアルゼンチンを訪れ、テレビ、ステージ、映画などに大活躍して名声を確立。1991年ブエノスアイレスでCDを録音、
1993年来日したオマール・バレンテ楽団と全国公演し、2枚目のCDを発売。1995年、1997年同額団と再度全国ツアー。
1995年三越劇場のリサイタルによりタンゴ歌手で初めて文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
清水 康子(しみず やすこ) 東京都出身 一般社団法人日本シャンソン協会正会員。清水康子「ひとつ」の会 代表。
10代の頃、児童劇団に所属。1982年より(故)村上進氏に師事、歌い始める。コンサート、ディナーショー等で活躍。1996年より小児がん征圧「天使の泉」を厚生労働省、他の後援を受け全国各地で開催18年(2013年12月)。また国際交流にも力を注ぎ、1999年よりHonolulu Festivalに14年連続参加「貢献賞」を連続授与。2006・07年にはフランスで日仏文化交流「SAMURAI JAPON」参加。2010年からクリニクラウン協会が推進しているRED NOSE DAYを広くPRするコンサートをスタート開催。
CD「出逢い~再会」KINGU制作、CD「Ko・Ko・Ro/こころ~天使の泉からあなたへ~」がある。     清水康子「ひとつ」の会 主宰
椿井 亘(つばい わたる) 福岡県出身 北九州市立大学卒業。 清水康子「ひとつ」の会 幹事。
学生時代から様々な音楽活動を続け、1987年より津波井亘(つばいわたる)の名前でシャンソンの世界へ。1990年度「銀巴里」オー ディションに合格、閉店まで出演。その後、シャンソンの祭典「パリ祭」をはじめ、コンサートやライブ、ディナーショーを中心に活躍。1998年、椿井 亘(つばいわたる)に改名。言葉を大切に歌うことを心がけ、聴き手へのメッセージを送っている。自ら詞を書いた曲(作詞・訳詞)も多く、好評を得ている。1996年より"生きる"小児がん征圧「天使の泉」に主催幹事・歌手として参加。文化交流にも意欲的に取り組み、「HAWAII Honolulu Festival」、日仏文化交流「SAMURAI JAPON」等、海外での活動も。2006年、CDアルバム「そして・・・明日へ。」をリリース。2008年、小児がん征圧「天使の泉」から生まれたCD「Ko・Ko・Ro/こころ」に作詞や歌で参加。TOKYO MXテレビや、ハワイ、日本国内各地のラジオ番組に出演。
三森万輝(みもり まき) 幼少の頃より海外で生活しオーストラリア、ロンドンのミッションスクールやナイジェリアのインターナショナルスクールに通い多くの文化やアフリカ音楽接し、その頃からジャズのヴォーカルに惹かれ歌い始める。帰国後大学を経て、演劇、美術、舞台などの勉学に勤しむ。現在都内のホテルやライブハウス、各種イベントに出演中。最近では世界銀行情報センターにてベーシストの世界的な巨匠中村照夫トリオと共演する。2011年度マーサ三宅先生より芸名を頂き、現在三森万輝として都内のホテルやホール、ライブハウス、各種イベントに活躍しております。ジャズヴォーカリスト みもりまき が和製ポップスに挑戦!「桜影法師」「メリーココの夜」CD発売中。
矢部幸子(やべ さちこ) 女子美術短期大学卒業。1999年富浦元公氏、北正則氏に師事。日本シャンソン協会主催のシャンソンフォリー出演。2007年より、タンゴを前田はるみ氏に師事。音楽評論家の永田文夫氏プロデュースの三越劇場や都民音楽祭出演。国際交流にも参加。
和田民子(わだ たみこ) 町田市「音楽の泉」会員。個人レッスンを受け活動、町田市パリ祭、永田文夫プロデュース三越劇場、
日本訳詩家協会コンサート ~世界の歌を 美しい日本語で~ がけやきホール 他。 国際交流ホノルル・フェスティバル参加。

≪郵便局≫
【記号】0019-6 【番号】418411 
【名義】「天使の泉」チャリティーコンサート
≪郵便局≫
【記号】00140‐0 【番号】707012
【名義】清水康子「ひとつ」の会
三菱東京UFJ銀行 目白駅前支店 【店番】174
【普通】 【番号】0245935
【名義】 ひとつの会 天使の泉 チャリティーコンサート
三菱東京UFJ銀行  目白駅前支店 【店番】174 
【普通】 【番号】0311007
【名義】 Y.Sひとつの会 代表 清水康子
三井住友銀行 目白支店 【店番】677 
【普通】 【番号】6503543
【名義】 清水康子 「ひとつ」の会

ました。