清水康子
清水康子 シャンソン 歌手
  写真・画像お持ち帰り禁止
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」TOPへ 清水康子シャンソン活動TOPページ
1996年~スタートした“生きる”小児がん征圧「天使の泉」
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」
皆様のご協力で各地で開催49公演 
感謝
2016年で20年の活動。
★主催:清水康子「ひとつ」の会
 ☆ 1999年~2014年『天使の泉』広報チラシ 
 RED NSE DAYとは、8月7日:日本(ハナの日  RED NOSE DAY イベント記録
清水康子・プロフィール 清水康子「ひとつ」の会:会則 清水康子「ひとつ」の会主催 
 【小児がん征圧運動関連ページ】❤収益金寄付
「天使の泉」とは 第一回を開催・・  ❤生きる小児がん征圧・イベント  天使の森・天使の泉
毎日新聞社:あるがままに普通に ●チラシ1999年より~少し紹介 新聞   2014年2月までの報道新聞他
 2015年8月15日(土)群馬県12回
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」 チャリティーコンサートinロックハート城
VOL.48 終報告
2016年6月26日(日) 終演
 
【昼の部】開場12:30 開演13:00~
≪入替制≫ 【夕の部】開場1600 開演16:30 
   長岡市第“生きる”小児がん征圧
「天使の泉」 チャリティー コンサート
 (命名:渡 哲也)      
  in アオーレ長岡 Vol.49
  
 
菅原洋一  浜村美智子 広瀬敏郎 清水康子  椿井 亘 
 
  さとちん  マリリン
FMながおか
 『さとちんの縁側日記
 
宮田ゆかり   ピアノ:上里知巳  司会:夏ひろこ 
 アラカンズ Y's バトンスタジオ 代表上杉栄美
 大正琴の仲間たち
東京都:柴田恵子、中島是子
長岡市:長谷川すい子、藤井キク
  
    「天使の泉」について・・・前田 昭
(公財)がんの子どもを守る会について・・・ 副理事長 近藤博子
ご来賓挨拶:長島 忠美様(衆議院議員)、
        森 民夫様(長岡市市長)
【“生きる"小児がん征圧「天使の泉」は・・・】 1996年9月に埼玉県川越市で行なわれた『生きる-小児がんの子どもたちとともに』(毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社・石原プロモーション協力)のコンサートの裏方として清水康子が参加したのをきっかけに、歌の仲間たちや応援者に参加を呼びかけ同年12月に第1回を開催。その後も全国各地で実行委員等の協力を得て毎年開催、今年で20年。
【趣旨・目的】コンサートやディナーショーを通して、一人でも多くの方に「小児がん」という病気や、その病気と闘っている子どもたちのことを少しでもご理解いただき、医療へのご協力を呼びかけていくことを目的としています。会場に置かれた募金箱の募金は、(財)毎日新聞社会事業団の『小児がん征圧募金』へ寄付、小児がんの子どもたちの為に使われます。
【命のアサガオの種】 命のアサガオは、平成5年、小学校に入学し3ケ月ほど通っただけで入院。「骨髄移植」が受けられないまま9月に白血病のため7才で亡くなった丹後光祐君の育てたアサガオです。皆様のお手元でアサガオを咲かせて上げてください。
 2016年6月26日(日)
   【昼の部】開場12:30 開演13:00~

【夕の部】開場1600 開演16:30

 [昼の部] ≪入替制≫ [夕の部]
 【料金】1,000円  ◇400名に「命のアサガオの種」プレゼント 

【会場】アオーレ長岡・市民交流ホール・A 電話0258-39-2500 アクセス
        ★長岡市大手通1 410 ★長岡駅2階からペデストリアンデッキで東棟3階に直結
【主催】清水康子「ひとつ」の会 FAX03-3952-6849
【協力】長岡市「天使の泉」開催実行委委員会

【後援】厚生労働省新潟県長岡市毎日新聞社日刊工業新聞社(新潟支局)FMながお、
(一社)長岡市医師会NTC㈱エヌ・シィ・ティ、(一社)日本シャンソン協会、(公財)がんの子どもを守る会、
(一財)日本シャンソン館、(特非)骨髄バンク命のアサガオにいがた 
(順不同)

 【協賛(株)ワコールホールディングス、ロックハート城、飛島建設(株)、ホテルリステル猪苗代、上越会、越後製菓㈱、赤坂陽光ホテル、興和商事(株)、㈱中越興業、太田こどもクリニック、(一社)長岡市医師会 国際ソロプチミスト長岡、(医)弘進会宮田歯科、Shimizu Dental Clinic、 りよう室ZANGRI,
㈱北越書館、朝日酒造㈱、あいおいニッセイ同和損害保険()、アフラック久世、長岡グランドホテル、㈱ナガイ、三越タクシー㈱、企業人カウンセラー柳、㈱阿部製作所、袖山和志  他 

   出演者プロフィール
   菅原洋一 1958年タンゴ歌手としてデビュー。
1967年「知りたくないの」が大ヒット、同年「NHK紅白歌合戦」に初出場し以降22回連続出場。

1970
年には「今日でお別れ」で日本レコード大賞を受賞。日本を代表するアーティストとして、その地位を不動のものとする。
全国各地をコンサートやディナーショーで訪れなかでも「ディナーショーの帝王」という異名をもつほどの活躍ぶりを発揮。

また「生涯現役」をモットーに歌い続け、ジャンルにとらわれることなく、タンゴ、シャンソン、映画音楽、様々なコンサートにゲスト出演もしている。
CDアルバムも定期的に発売し、その円熟した歌唱力は高い評価を得ている。
☆CD:2012年「ビューティフルメモリー」、2014年「タンゴの世界」、2015年「ピアノと唄う愛の詩」
  浜村美智子大阪府出身。モデルから転身し歌手デビュー。 
1957
年、ハリー・ベラフォンテの楽曲をカバーしたデビューシングル『バナナ・ボート』が、230万枚を越す大ヒットとなり第8回NHK紅白歌合戦に出演。
同年、アメリカの『パティペ-ジショー』に出演、好評を博し、その後『日米親善ショー』でポール・アンカ、ワンダー・ジャクソンらとハワイ・沖縄にて公演。
その他、ブラジル、フィリピン等、多くの海外公演を行う。1962年結婚、翌年出産のため一時引退。
1972
年に復帰、『黄色いシャツ』が注目を集め、オリコンシングルチャートにも登場しヒット。
その後もパーティー、ディナーショー等精力的に歌手活動を続けている。
 

広瀬敏郎 兵庫県加古川市出身。立川清登氏に声楽を師事。石井好子氏、深緑夏代氏にシャンソンを学ぶ。
'72年日本シャンソンコンクール、'73年カンツォーネコンクール上位入賞。
'90年パリ公演。リーヌ・ルノーと共演。'
’91年帝国ホテルに於いて歌手生活20周年記念ディナーショウ。
毎年NHKホールでの『パリ祭』出演。
秋の草月ホールにて『気ままなコンサート』シリーズ。
2011年10月に『歌手生活40周年記念リサイタル』開催。

ピアノの弾き語りもする他、本橋・三越カルチャーサロン等で講師も勤める。
☆CD:『旅立ち』、『愛すれば愛するほど』、『君と旅立とう』、「気ままなコンサートVol.1」発売中。

 

清水 康子 東京都出身。(一社)日本シャンソン協会正会員、清水康子「ひとつ」の会 主宰。
 
10代の頃、児童劇団に所属。1982年より()村上進氏に師事、歌い始める。コンサート、ディナーショー等で活躍。
1996年より小児がん征圧「天使の泉」を厚生労働省、他の後援を受け全国各地で開催2016年で20年。
また国際交流にも力を注ぎ、1999年よりHonolulu Festival18年間参加「貢献賞」連続授与。2006・2007年フランス日仏文化交流「SAMURAI JAPON」参加。2010年~クリニクラウン協会推進RED NOSE DAYを広くPRするコンサートスタート。
CD清水康子「出逢い~再会」キング、CDKoKoRo/こころ~天使の泉からあなたへ~」。

 

椿井 亘(つばい わたる)北九州市立大学卒業。1987年津波井 亘の名前でシャンソンの世界へ。(1998年改名)
1990年度「銀巴里」オーディション合格。シャンソンの祭典「パリ祭」をはじめ、コンサートやライブ、ディナーショーを中心に活躍。
1998年、椿井 亘に改名。「言葉を大切に」をモットーに、聴き手へメッセージを送っている。
自ら詞を書いた曲(作詞・訳詞)も多く、好評を得ている。1996年より"生きる"小児がん征圧「天使の泉」に主催幹事・歌手として参加。国際文化交流にも意欲的に取り組み、ホノルル・フェスティバル、フランス公演等、海外での活動も。
CD:椿井 亘「そして・・・明日へ。」。他、「天使の泉」から生まれたCD:「KoKoRo/こころ」に作詞や歌で参加。

 

さとちん新潟県見附市出身【趣味・特技】カラオケ・7090年代歌謡曲マニア。
 耳を動かすことができる。
【経歴】平尾昌晃ミュージックスクール、東京アナウンスアカデミー
<担当番組>燕三条エフエム放送(ラジオはーと)長岡移動電話システム(FMながおか)パーソナリティ 。
【ラジオ】「FMながおか」
80.7MHZ 『さとちんの縁側日記』.毎週 月・火・水(マリリン)・金。午後1時~4 生放送!
CD:「さとちんの縁側日記」公式ソング「あきらめるな!」歌: 佐藤祐亮&いびり~ず(さとちん、マリリン)
DVD:さとちんも出演全国公開映画「手のひらの幸せ」 DVD只今絶賛発売中!!
マリリン(松本眞理子)アナウンサーFMながおか・パーソナリティ、元BSNラジオアナウンサー、JIPC読書アドバイザー

 
   アラカンズ 長岡市長岡高校のS44年卒業の還暦行事の為に結成。男4名が中心で、2名の還暦とは関係ない女性が居る。
 

長岡・Y's バトンスタジオ 代表上杉栄美 日本バトン協会 6種目公認審査員。長岡市を中心にバトントワリングの普及および技術向上を目的に活動。全日本選手権・国際大会での入賞や、市内外イベントにも参加し演技披露をしている。)長岡・Y’s バトンスタジオ 代表上杉栄美
出演:鈴木 芳佳=高2、恩田 梨央=高2、倉内 美紅=高2、 木杢 咲空= 高1、 山下 未唯香=高1、安藤 さやか=中2、安藤 成海= 中1、   小出 遥香= 小6屋代 菜々子= 小5、厚東 美希=小4、坂井 心優=小3、 小出 花凛- 小3 、若槻 萌ー・小3 、原 愛実ー 小2、堀 愛鈴- 小2 、 小野里 優 -小2、小出 佳穂- 小1 、厚東 愛美-年中。  当日欠席   2名        以上、宜しくお願いいたします。

 

大正琴仲間たち日本各地で大正琴でボランティア活動・ハワイ・欧州へと国際交流に参加活動。東京組、長岡組と開催趣旨に賛同出演。

 

上里知巳 (ピアノ)山口県生まれ。
上京して
22歳の時、ブルーコーツのピアニストに迎えられ、縮曲にも手を染め、次いで藤家虹ニクインテットに参加したが、76年ブラジルに渡り、リオの放送局にアレンジャー=ピアニストで就職。3年半余を南米諸国で活躍。
帰国後は自らのグループを率い演奏活動をするかたわらアレンジャーとしてジャズ、シャンソン、歌謡曲の編曲、伴奏で活躍している

  夏ひろこ 学生時代より国際ヨットレースやゴルフトーナメントなどのリポーターとして活動。その後フリーアナウンサーとなる。ワイドショーから、株式&news、ラジオ、インターFM、司会、ナレーションなどジャンルを問わず幅広く活動。
長きにわ
たりチャリティーコンサート等も展開中。東京アナウンスアカデミー講師。
 

【後援申請】
★厚生労働省(担当;健康局難病対策課小児慢性特定疾病係 )、新潟市(担当:新潟県庁福祉保健部健康対策課)
長岡市(担当:福祉保健部健康課)、毎日新聞社(担当;東京本社第一プラント事業本部)、(一社)長岡市医師会、FMながおか、
(公財)がんの子どもを守る会、(一社)日本シャンソン協会、(一財)日本シャンソン館、(特非)骨髄バンク命のアサガオにいがた (順不動

★20年目を迎えた「天使の泉」メッセージを頂きます。。

 

20年目を迎えた「天使の泉」にメッセージを頂きます。
【プログラム掲載 メッセージ・ご縁を大事に依頼】(順不動)
★衆議院議員 長島忠美様、★長岡市 市長 森 民夫様、
★社団法人長岡市医師会 会長

★細谷 亮太様 (聖路加国際病院副院長/小児総合医療センター長)

 

●細谷亮太(ほそや・りょうた)
聖路加国際病院副院長/ 小児総合医療センター長,医学博士。聖路加看護大学臨床教授。1972 年東北大学医学部卒業,72 年~ 77 年聖路加国際病院小児科レジデント,78 年~ 80 年テキサス大学MD アンダーソン病院癌研究所に勤務,80 年聖路加国際病院小児科に復職,94 年同・小児科部長,05 年より現職。1948 1 月生まれ,山形県出身。著書: はじめての育児百科(主婦の友社),小児病棟の四季(岩波書店),いのちの言葉(三輪書店),医者が泣くということ(角川書店),ほか多数。専門:小児血液・腫瘍学,小児保健など。学会活動:日本小児科学会代議員,日本小児血液学会評議員,日本血液学会評議員,
財団法人「がんの子供を守る会」副理事長,など。

命のアサガオ(作詞:丹後まみこ/作曲:まのあけみ)・・・
 ”いのちのアサガオ”は,平成5年に白血病のため7才で亡くなった丹後光祐君のお母さん丹後まみこさん作詞。

(作詞:横山洋子/作曲:野秋聖子)・・・
  小学6年生で「小児がん」のため亡くなった横山洋子ちゃんの遺作詩に曲を付けました。

歌はともだち(作詞:椿井 亘/作曲:野秋聖子)・・・
  2005年「天使の泉」in石巻市で、宮城県河北町の(株)共栄クリーニング、河北町福祉作業所かしわホームの皆さんと歌った曲です。

「公益財団法人がんの子どもを守る会
 がんの子どもを守る会は、196810月に小児がんで子どもを亡くした親たちによって、小児がんが治る病気になってほしい、また小児がんの子どもを持つ親を支援しようという趣旨のもと設立され、子どもの難病である小児がんに関する知識の普及、相談、調査・研究、支援、宿泊施設の運営、その他の事業を行い、社会福祉及び国民保健の向上に寄与することを目的としています。
 小児がんは医学の進歩にともなって、「不治の病から「治る病気」になりつつあります。しかし、小児がんの患者とその家族はさまざまな問題を抱えているのが現状です。がんの子どもを守る会は、患児家族が直面している困難・悩みを少しでも軽減すべく、多くの方々の支援のもとに活動している団体です。がんの子どもを守る会の活動資金は皆様からの寄付を主な財源としています。皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。
寄付・郵便振替
【口座番号】
00190--102394 【加入者名】公益財団法人がんの子どもを守る会

公益財団法人 がんの子どもを守る会 本部(全国
21支部)
111-0053 東京都台東区浅草橋1312(アフラックペアレンツハウス浅草橋)
TEL03-5825-6311(代表)   http://www.ccaj-found.or.jp/ 

NPO法人 骨髄バンク命のアサガオにいがた」
活動の目的 ~~よりよい骨髄バンクを患者さんの役に立つ骨髄バンクを目指して~~
公的骨髄バンクを支援し、血液疾患患者・家族の支援活動、骨髄バンク事業の普及啓発活動、骨髄提供しやすい環境づくりを行い、より多くの患者のいのちを救うことを目的とします。
*命のアサガオ活動 毎年新潟県内の新一年生にアサガオの種を贈呈する他、各イベント会場や街頭PR活動でも配布。*語りべ講演会の企画と開催。 企業・学校などで講演会を行い骨髄バンクの必要性、患者家族の思いをお話しています。
寄付・郵便振替
【口座番号】00570-5-60728【加入者名】NPO法人骨髄バンク命のアサガオにいがた
              特定非営利活動法人 骨髄バンク命のアサガオにいがた
                 959-1353新潟県加茂市五番町14-4
                  TEL0256-46-0068 http://inochinoasagao.org/

 毎日新聞社への寄付※通信欄に、「小児がん征圧募金」と、ご記入下さい
 郵便振替 【口座記号番号】 00120-0-76498
【加入者名】公益財団法人 毎日新聞東京社会事業団
 

【天使の泉・趣旨・目的】コンサートやディナーショーを通して、一人でも多くの方に「小児がん」という病気や、
その病気と闘っている子どもたちのことを少しでもご理解いただき、医療へのご協力を呼びかけていくことを目的としています。
会場に置かれた募金箱の募金は、(財)毎日新聞社会事業団の『小児がん征圧募金』へ寄付させていただきます。
(小児がんの子どもたちの為に使われます)。
 
清水康子

“生きる”小児がん征圧「天使の泉」公演の歩み
1996年~2014年 主催:清水康子「ひとつ」の会
ステージレギュラー シャンソン歌手(開催幹事):清水康子椿井 亘
vol.1 1996年12/20 東京都 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(目白:アプリコット ハウス)vol.1
vol.2 1997年11/17 東京都 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(東邦生命ホール)vol.2
vol.3 1998年7/5 群馬県 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサート in 大理石村 ロックハート城vol.3
vol.4 1998年10/20 東京都 第3回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(東邦生命ホール)vol.4
vol.5 1999年6/24 新潟市「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 新潟(新潟テルサホール)vol.5 50人の子供たち
vol.6 1999年8/28 群馬県 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城vol.6
vol.7 1999年9/10 八王子市「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 高尾山薬王院vol.17写真無)2008・6・11、八王子・高尾山薬王院
1999年12/5 フランスの童謡コンサート(銀座ヤマハホール)  新聞
vol.8 1999年12/5 東京都 第4回「天使の泉」チャリーティ・コンサー(銀座ヤマハホール)vol.8
1999年度報告
vol.9 2000年5/16 鶴岡市「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 鶴岡(鶴岡中央公民館) vol.9 鶴岡市児童合唱団
vol.10 2000年8/27 群馬県 第3回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城vol.10
vol.11 2000年12/6 東京都 第5回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(銀座ヤマハ・ホール)vol.11 島根県からビデオレター参加
2000年報告 群馬県((大理石村 ロックハート城)、鶴岡市(鶴岡公民館)
vol.12 2001年8/18 群馬県 第4回「天使の泉」ディナー・コンサート in ホテル べラヴィ-タvol.12
vol.13 2001年10/27 島根県 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 井野(井野公民館)vol.13NO2報告  ●新聞 報告3
vol.14 2001年10/28 島根県 「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 三隅(三隅中学校)vol.14
vol.15 2001年11/24 東京都 第6回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(安田生命ホール)vol.15
vol.16 2001年12/18 京都市「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 京都(サロン「千草つれづれ」)vol.16
vol.17 2002年8/11 群馬県 第5回「天使の泉」チャリーティ・コンサート ホテル べラヴィ-タvol.17
vol.18 2002年11/4 「天使の泉」チャリーティ・ワンコイン・コンサートin 多摩(ルネこだいら)vol.18
vol.19 2002年12/8 東京都 第7回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(銀座ヤマハ・ホール)vol.19
2003年7/27 山口ダンススタジオ開設10周年記念舞踏晩餐会
【特別企画】「天使の泉」ショー 京王プラザホテル
2003年5/21・22 2日館で総勢100名、新日本プロレス西村 修さんのご招待
2003年綜合報告
vol.20 2003年8/9 群馬県 第6回「天使の泉」チャリーティ・コンサート in 大理石村 ロックハート城vol.20 
vol.21 2003年9/7報告 宮城県 「天使の泉」チャリーティ・ワンコイン・コンサートC in 石巻(石巻市民ホール)vol.21
vol.22 2003年9/2 「天使の泉」in 青葉区(横浜市:青葉公会堂)vol.22
vol.23 2004年3/27 島根県 第2回「天使の泉」チャリーティ・コンサー in 井野(井野公民館)vol.23
vol.24 2004年8/8 群馬県 第7回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城 vol.24   お花
vol.25 2004年11/24 東京都 第8回「天使の泉」チャリーティ・コンサート(新宿区四谷区民ホール)vol.25
vol.26 2005年8/20 群馬県 第8回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城vol.26
vol.27 2005年10/30 九州長崎県第1回「天使の泉」チャリーティ・ワンコイン・コンサート in 小値賀(五島)vol.27
第1部 ・第2部 ・第3部 ・養寿園慰問 ・終演して・島 ・出会い
 帰郷 ~小値賀へ~  作詞:椿井 亘 作曲:野秋聖子
vol.28 2005年12/1 東京 第9回「天使の泉」 in 椿山荘 vol.28  記念花
vol.29 2006年 7/12 新潟県・第2回 「天使の泉」チャリーティ・ディナー・ショー (ホテル・イタリア軒)vol.29
vol.30 2006年 9/10
厚木市 第1回 「天使の泉」(厚木市文化会館)vol.30
vol.31 2006年 9/24
町田市 第一回「天使の泉」チャリーティ・コンサート」 in 成瀬  vol.31
vol.32 2006年10/7
町田市 第二回「天使の泉チャリーティ・コンサート in 成瀬 vol.35
vol.33
2006年10/21
町田市 第二回「天使の泉チャリーティ・コンサート in 成瀬 vol.33
vol.34
2006年10/22 町田市 第一回「天使の泉」チャリーティ・コンサート in 成瀬 vol.34
vol.35 2006年11/2 茅ヶ崎市 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサート茅ヶ崎市民文化会館 小ホール)vol.35
vol.36 2007年10/23
「インターシティーミーティング」特別企画
第一回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・コンサート in ロータリーvol.36
(京王プラザホテル多摩) 主催:「国際ロータリークラブ第2750地区」多摩東グループ
vol.37 2008年6/8 佐賀県 第1回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・ワンコイン・コンサート in 鳥栖市 vol.37
vol.38 2009年9/23 佐賀県鳥栖市 第2回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・ワンコイン・コンサート Vol.38
vol.39 2010年 4/25 宮城県第2回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・ワンコイン・コンサート in 石巻vol.39
vol.40 2010年 4/30 東京都“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・ライブ・コンサート in 奇聞屋vol.40 「大木康子さんトリビュー 
vol.41 2010年 5/27 東京都 “生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・コンサート特別企画 VOL.41高 英男さん メモワール
vol.42 2010年 9/12 東京都 “生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・・コンサート in 墨田 vol.42 *江戸東京博物館ホール
vol.43
2011年10/ 1 兵庫県第一回“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリーティ・コンサート in 神戸酒心館 vol.43
vol.44
2012年 8/15 群馬県 第9回「天使の泉」チャリーティ・コンサートin 大理石村 ロックハート城 vol.44
vol.45 2013年 8/15 群馬県 第10回「天使の泉」チャリーティ・コンサートロックハート城 ※応援:ぐんまちゃん、わ鐵のわっしーちゃん
vol.46 2013年11/10 岐阜県 第1回「天使の泉」チャリーティ・コンサート in 加子母・明治座 ※加子母太鼓(少年部)、加子母コーラス「夢」
vol.47 2014年8/15 群馬県 第11回「天使の泉」チャリーティ・コンサートinロックハート城 浜村美智子、ぐんまちゃん
vol.48 2015年8/15 群馬県 第12回「天使の泉」チャリーティ・コンサートinロックハート城 浜村美智子、ぐんまちゃん、mars dance studio(高崎市)
  2019年 6/26 潟県・長岡市 「天使の泉」チャリーティ・コンサートinアネーリ長岡 
 菅原洋一、浜村美智子、広瀬敏郎、清水康子、椿井 亘、宮田ゆかり   ピアノ:上里知巳。司会:夏ひろこ
、地元:さとちん,マリリン(松本真理子)、アラカンズ
大正琴の仲間たち(東京都:柴田恵子、中島是子、長岡市:長谷川すい子、藤井キク

◆収益金は毎日新聞「社会事業団「小児がん征圧」、他へ寄付。 病気のお子様達のために使われます。
【会場によっては、有志による「天使の泉」開催実行委員さんの組織ができ、多くのお力をいただき開催。】
 "生きる"小児がん征圧「天使の泉」 チャリティーコンサート
 1996年~2016年開催。出演関係者の方がた。
未記入の方もあります。
ステージ幹事:清水康子、椿井 亘、夏ひろこ  主催:清水康子「ひとつ」の会 会則

【歌手】
阿部レイ・あみ・秋山美保・浅草慶子・杏 樹・岩崎桃子・岩花淑子・上田淳子
・大木康子・岡田由美香・尾川和哉・貝山幸子・香川有美・金子先子・黒川勝子・岸田典子・こんのひとみ・公眞由美・くみあおい・草別ひろみ・栗原道子・高英 男・小池利英子・斉藤恵津子・嵯峨美子・櫻井正子・
清水康子・白鳥さやか・菅原洋一・杉本富美子・鈴木篤志・園まり・田代美代子・高木椋太・椿井 亘・南部実賀子・名和千枝子・中道繁子・花木佐千子・華彩かほる・萩原恵子・平尾泰子・平出美知子・ピーコ・福浦光洋・藤尾玲子・保坂さち・モンデンモモ・前田はるみ・増村うらら・松本昌子・松ちづる・山岸隆志・美邑みつこ・水咲真由美・三森万輝・森小夜子 ・安本真木・吉田治子・湯上エリナ・湯川かすみ・ユウスケ・浜村美智子・広瀬敏郎・渡辺歌子

【演奏家】
ピアノ:上里知巳・小泉源兵衛・高橋晴美・野秋聖子・吉川正夫・吉田幸生・大美賀彰代・原 知規、

ベース:小倉武・大津昌弘・酒井一郎。ドラム:八木秀樹・佐藤恭一。
フルート:井上信平・鈴木康クラリネット:吉岡優子。オカリナうらら」。胡弓:陳敏(チェンミン)、
尺八:瓜生寒山・瓜生憲作、ギター・諏訪光風、ベース:守谷たくゆき、ディジュリドゥ:Toshi小島。
津軽三味線「紫鳳会」中西紫鳳・新津幸音、

書道家:柏木百光 華道家:安藤晃草・安藤莉愛・榎本晃子。
江戸芸かっぽれ「喜楽会」・

大正琴:吉井流八千代会・G
大正琴の仲間たち:東京都:柴田恵子、中島是子、長岡市:長谷川すい子、藤井キク

新潟市:アップルリトルパァフォーマース
島根県:井野・三隅:三隅町立井野中学校の有志(2001年閉校)・三隅中学校
鶴岡市:鶴岡市放送児童合唱団 石巻市:シティ・ウィンド・アンサンブル・河北町福祉作業所かしわホーム
長崎県:小値賀:こども和太鼓「ちんぐ」・夢鼓倶楽部・さつき会・小値賀少年少女合唱隊・小値賀町立斑小学校・
     小値賀町立小値賀小学校大島分校。
石巻市:石巻シャンソン愛好会、杉本富美子音楽教室

鳥栖市:実戦空手道 武闘塾・キッズミュージカルTOSU・福祉作業所「わかば」
中津市:加子母太鼓少年部、加子母コーラス「夢」、
長岡市:DJ:さとちん&マリリン、アラカンズ(バンドグループ)、Ys バトンスタジオ 代表上杉栄美、講師;安藤博子

 
 


    ★?:裏方・参加予定者★ ★清水康子「ひとつ」の会 幹事・関係者