NO.2
  1999度
清水康子 シャンソン歌手 TOPページへ

★2010年・2011年報道 

掲載記事の紹介 1994年記事三条市 コンサート記事
NO.11997年度掲載されたもの NO.21999年〜1998年新聞掲載記事
NO.32000年掲載記事 NO.42001年〜 新聞・ラジオ・報道
NO.5 2002年新聞掲載・ラジオ NO.5 2003年新聞・ラジオ・テレビ
No.6 2009~新聞   ★2010年・報道  ラジオの録音が少し聞けます

新聞・他に掲載された記事と記録写真の一部です。

このページはお客様のご希望により作成致しました
掲載された新聞を購読していないので見られない・読めない方からのご希望です。
(新聞社確認済み)
1999年(平成11年 11月19日
夜の部 第4回 “生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート 
昼間の部 フランスの童謡コンサート  紹介ヤマハ ホール(銀座) 毎日新聞1999年11月12日掲載
1999年11月16日毎日小学生新聞 の開催紹介掲載
フランスの童謡コンサート練習風景を紹介
会場 ヤマハホール(銀座)
「病気の子もいっしょに」 楽しいコンサート、
準備進む「病気の子もいっしょに」 楽しいコンサート、準備進む
 シャンソンの童謡(どうよう)を集めた「’99フランスの童謡(どうよう)コンサート」が十二月五日午後一時から、東京・銀座(ぎんざ)のヤマハホールで開かれます。シャンソン歌手の清水康子(しみずやすこ)さんはじめ有志(ゆうし)の歌手が集(あつ)まり「クラリネットをこわしちゃった」「キラキラ星(ぼし)」など楽(たの)しい曲(きょく)を披露(ひろう)します。

 ◇シャンソンの童謡いっぱい

 清水さんは一九九六年から、毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ)が小児(しょうに)がんの子どもたちのために行(おこな)っている企画(きかく)「生(い)きる」に参加(さんか)。毎年(まいねん)、チャリティーコンサート「天使(てんし)の泉(いずみ)」を行ってきました。これまでの経験(けいけん)から「病気(びょうき)の子も健康(けんこう)な子も、みんないっしょに音楽(おんがく)を楽(たの)しんでほしい」と今年(ことし)初(はじ)めて童謡(どうよう)コンサートを企画(きかく)したのです。「どの子にも同(おな)じように楽(たの)しんでもらいたいから『病気(びょうき)の子のためのコンサート』ということはいっさいうたっていません。どこかで聞(き)いたようななつかしいメロディーがたくさん登場(とうじょう)するんで、大人(おとな)も子どももいっしょに歌(うた)って楽(たの)しんでください」と清水さん。 けいこは清水さんの自宅(じたく)で週(しゅう)二回行(おこな)います。「みんなのボランティアでなりたっているコンサートだから、けいこ場(ば)までお金(かね)をかけられないんですよ」と笑(わら)いますが、ピアノを囲(かこ)んでのレッスンではまるで本番(ほんばん)のような美(うつく)しいコーラスが響(ひび)いていました。「『キラキラ星(ぼし)』や『むすんでひらいて』など、耳(みみ)になじんでいる歌(うた)が、実(じつ)はシャンソンだったということにきっとおどろきますよ。聞(き)きにきたみんなが『この曲(きょく)、フランスの歌(うた)なんだよ』ってお友(とも)だちに教(おし)えてあげられたら楽(たの)しいんじゃないかしら?」とクスクス笑(わら)う清水さん。
 ホールに響(ひび)くやさしい歌声(うたごえ)が楽(たの)しみです。

 ◇夜には「生きる」のコンサートも

 なお、この日の夜には同じ会場で「’99第四回“生きる”小児ガン征圧(せいあつ)『天使の泉』チャリティーコンサート」も開かれます。
1999年12月6日童謡コンサート開催記事UPにいきます。
1999年12月9日小学生新聞 フランスの童謡コンサート終演紹介
大きい画像になりますLogo



MAINICHI
「フランスの童謡」コンサート−親子500人がシャンソン楽しむ

『’99フランスの童謡(どうよう)コンサート』(清水康子(しみずやすこ)「ひとつ」の会主催(かいしゅさい)、
フランス大使館文化部(たいしかんぶんかぶ)・毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ)・日本(にほん)
シャンソン協会(きょうかい)・日本(にほん)シャンソン館後援(かんこうえん))が、5日(いつか)、
東京・銀座(とうきょうぎんざ)のヤマハホールで開(ひら)かれ、約(やく)500人(にん)の親子(おやこ)
がシャンソンを楽(たの)しみました。
 シャンソンとは、フランスの歌謡曲(かようきょく)のことです。日本(にっぽん)でおなじみの
「キラキラ星(ぼし)」など25曲(きょく)がひろうされ、フィナーレは子(こ)どもが好(す)きな
「キラキラ星(ぼし)」と「だんご3兄弟(きょうだい)」の二曲(きょく)。
出演歌手全員(しゅつえんかしゅぜんいん)と会場(かいじょう)が一体(いったい)になって合唱(がっしょう)して、会(かい)は幕(まく)を閉(と)じました。
 両親(りょうしん)と三人(にん)で来(き)ていた土屋佐智恵(つちやさちえ)さん
(東京都江東区立豊洲小(とうきょうとこうとうくりつとよすしょう))は、
特別出演(とくべつしゅつえん)していた「奥田真佑子(おくだまゆこ)さん、
奥田佳菜子(おくだかなこ)さん姉妹(しまい)が上手(じょうず)だった。
自分も舞台(じぶんぶたい)で歌(うた)いたくなった」と話(はな)していました。

1999年12月21日毎日新聞「人・模・様」
生き方に託し、あなたに


毎日新聞の小児がん制圧キャンペーンに賛同して、仲間の歌手とチャリティーコンサートを開いているシャンソン歌手、清水康子さん=写真=が初のCD「出逢い〜再会」をキングレコードから発売。
 チャリティーコンサートは東京・銀座をはじめ新潟氏、群馬県高山村ロックハート城などで開催。収益をを毎日新聞社会事業団を通して小児がん制圧基金に寄託している。
コンサートのリハーサルとCD録音が重なったりしたが「いろいろな機会にめぐり合った人々に助けられ励まされて歌ってきたのだから」と、乗りきった。
CDは、清水康子さんの生き方とも言える『出逢い〜再会』「貴婦人」「セ・シ・ボン」などシャンソンの名曲が収録されている。「歌に託した私の思いをきいてほしい」と清水さん。

現在:≪CDは、日本シャンソン館で販売 で申し込むことができます≫
同じ欄に・・・生きるための予防医学
         =仏食品会社ダノングループ「カラッソ・センター」アクム・フォーゼル所長
=写真=
同じ欄に・・・実り生む公共事業
          =フランスの経済学者
ロベール・ボワイエさん(56)=写真
上記2名の方の記事が掲載されていた。
 
1999年10月15日
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート
八王寺市高尾山 大本山薬王院 の寄付¥163,442−
1999年9月8日(木)読売新聞社掲載
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート
八王寺市高尾山 大本山薬王院 
1999年(平成11年) 8月29日(日)
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」
チャリティーコンサートin 大理石村ロックハート城
1999年(平成12年) 10月20日“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート
in 大理石村ロックハート城   収益金¥200.317−を持参
 大理石村ロックハート城 の小野次長とシャンソン歌手・南部美賀子・清水康子
1999年(平成11年) 8月28日
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート in 大理石村ロックハート城 受付の様子
1999年(平成11年)
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート  IN 新潟 (新潟テルサホール)
アップル リトルパフォーマース(50名)のみなさんの参加
1999年(平成11年
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート
IN 新潟 (新潟テルサホール) 終演紹介
“生きる”小児がん征圧「天使の泉」チャリティーコンサート IN 新潟 (新潟テルサホール) 開催紹介
小児がんの活動「天使の泉」紹介ページ シャンソン活動TOPにいきます。 清水康子の世界へ カンツォーネ歌手のページへ・ミルバ・バノーニ シャンソン歌手・アズナブールのページへ 清水康子とシャンソン、トップページへ 掲示板にいきます。